ママはぽよぽよザウルスがお好き―子育てマンガ

著者 :
  • 婦人生活社
3.89
  • (5)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784574000581

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 龍平君と杏奈ちゃんの子育て漫画。絵がかわいーーーと思ったら、「ぺるしゃがすき!」の作者だった。どうりで・・・!

  • アニメにもなった有名な本です。ノリが良くて面白い!

  • 図書館の本

    龍平くんと杏奈ちゃんの子育て漫画。
    男の子が育てやすいとか、女の子のほうが育てやすいとか、そんなものではなく、2人の個性が見えるのがとてもとてもおもしろい。
    それだけでなく、パパの育児参加についてものせてあって、それはすごくいいことだと思う。
    でも、どこのパパも言うこといっしょなんだね、って思った。

  • 続巻が最近出たということで、読んでみたくなって、そういう場合はいちばん初めから読まないと気がすまないため、昔の本を図書館で借りる。子育てまんがのいいところは、こどものかわいいところ、面白いところだけを味わえて、親のしんどさ、大変さ、怒りやとまどいなどは、他人事として楽しめること。ずるいですねー(すみません・汗)。でもたいていこどもが赤ちゃんか2〜3歳くらいまでの頃は、親も子どもの可愛いところしか見ないようにするためか、可愛いことが多いのだが、この漫画は結構憎たらしいところも書かれていて、それがまた面白かった。こういうのは話が進むにつれてだんだんと子どもが大きくなって変わっていくのと同時に、親の方も親らしく成長していくところがまたいいんだよね。毒女子なしにはとてもうらやましいところです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1月1日、北海道生まれ。代表作『ペルシャがすき!』『ママはぽよぽよザウルスがお好き』『たんぽぽちゃん』など多数。『ママぽよ』のその後を描いた『かわいいころを過ぎたら』(リュウ編 アン編)、『20歳は過ぎたけれど』(小社刊)は子どもを持つ母たちの間でロングセラーに。『今夜もホットフラッシュ』は、更年期症状を明るく描き多くの読者を獲得している。現在も家族4人+1匹のミニチュアダックスフントと生活中。

「2018年 『アラフィフさん いらっしゃ~い!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青沼貴子の作品

ツイートする