「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)

  • 双葉社
3.75
  • (43)
  • (103)
  • (67)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 793
レビュー : 105
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575153941

作品紹介・あらすじ

3・11という歴史的苦難に際して新聞はなぜ無力だったのか。その裏側には、ジャーナリズムの欠落という、日本の新聞が抱える根源的な問題があった。ニューヨーク・タイムズ東京支局長が明らかにする「新聞不信」の真実。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「記者クラブ」のいびつさから始まる、青い目の方による日本の新聞への提言。
    丁寧な切り口とまとめ方で、非常に「読ませる」内容でした。

     「世界でも稀に見るこの組織は、英語圏では「kisha club」「kisha kurabu」と呼ばれる。
      あまりにも特異すぎて、翻訳語が存在しないのだ。」

    この方の記事が読めるのであれば定期購読をしてもいいかな、とまで感じるくらいには。
    もっとも、ニューヨーク・タイムズで書かれている間は、その機会はないでしょうけど。

     「ジャーナリストとは、基本的に権力寄りであってはならない。
     (中略)権力と市民の間に立ちながら当局を監視し、不正を糺していく。」

    この基本理念こそが、メディアが第四の権力と呼ばれる所以と思いますが、、
    果たしてこの原則(プリンシプル)を貫いているメディアは、日本にどれだけいるのでしょうか。

    例え広告主であろうと、自身の理念と異なるのであれば喰らいつく、そんな「反骨心」が、
    ジャーナリストには必要とされると、そして大事なのは読者だと、そう述べられています。

     「新聞にとって最も重要な財産は読者からの信頼だ」

    そうそう、個人的には何故あんなに持て囃されるのか疑問を感じていた日経新聞ですが、
    経済界の太鼓持ちとして見ておけばいいとは得心です、見出しの集約って位置づけですかね。

     「自らが疑問を抱き、問題を掘り起こすことはなく、何かしらの「お墨付き」が出たところで報じる。」

    自分の言葉で考えられず、表現もできない、、サラリーマン記者である以上は仕方ないのでしょうか。
    専門職の矜持ではなく、ルーチンで回すだけの記事に魅力が無くなっていったのも、必至だったのでしょう。

     「オンリーワンの記事を読みたいからこそ、読者はニューヨーク・タイムズを手に取ってくれる」

    この要件に応えられない日本の既存メディアの惨憺ぶりは、言をあらためる必要もなく。

     「記者やカメラマンの手を借りることなく、自らがニュースの発信者としてチャンネルを開いた」

    そのチャンネルの一つとして、ネットがあり、ブログがあり、SNSが定着し始めています。
    一朝一夕に変わるわけではないでしょうが、新聞のビジネスモデル変更が迫られてるとは納得です。

     「記者クラブメディアの本当の被害者は、私たち海外メディアの記者ではない。
     (中略)一番の被害者は、日本の民主主義そのものだ。」

    読み手の信頼に根差した発信者の強みは、最近とみに実感していますが、
    人々が、主体的に考え、判断し、行動していくのが、民主主義社会の理念の一つであり、

    それを実現していくために、必要な知識や情報を提供する社会的基盤であるのが、
    「ジャーナリズム」であり、その実行者である「ジャーナリスト」なのだと、感じています。

     「横並びの偏った記事が紙面を埋めることになるのだが、
      それでは読者に有益な情報を伝えられないばかりか、
      誤った認識を与えてしまう危険性すらある」

    故にこそ、恣意的に統制された、フィルタリングされた情報など、害悪でしかないかと。
    メディアの人々の導いていただく必要などない、人が主体的に歩んでいくための一助となればよい、

    「情報サービス」とはその辺りの原則を踏まえるべきと思いますが、さて。

    なんて、至極まっとうなことを考えさせてくれるヒントが、根拠と共に示されていて、
    一気に読めてしまいました、ただ一点だけ奇異に映ったのは、、

    何故か、朝日新聞が繰り返している捏造問題には一言も触れようとしていない、点でしょうか。
    他の大手新聞は大体、事例を挙げながら指摘しているにもかかわらず、です。

    ん、両社が提携していることもあってか「身内」扱いなのでしょうか、
    その点についてジャーナリズムの精神が発揮されていないのは、非常に残念ですね。

    ここまで丁寧な取材をされているのであれば、「アサヒる朝日新聞」を知らないはずはないと思いますが、、
    一度、この点について完オフで結構ですので、見解をお伺いしてみたいですね、なんて。

    個人的にはそんな奇異な点が気になったので、☆-1にしています。

  • 腐敗体質に立ち向かった日本人記者のお話、海外メディアのジャーナリズム、NYタイムズ紙が犯した過ちと守り抜いた信頼性、日本の新聞が今後進むべき道、などなど盛り沢山。文章は元よりデータソースも明瞭だからか、違和感なく読めた。

  • ■新聞

    なぜ日本のビジネスマンが、日本経済新聞をクオリティペーパーとして信頼するのか私には理解し難い。
    日本経済新聞の紙面は、まるで当局や企業のプレスリリースによって紙面を作っている様に見える。これはまるで大きな「企業広告掲示板」である。
    大量のプレスリリースの要点をまとめてさばいているだけであって、大手企業の不祥事を暴くようなニュースが紙面を飾るようなことは稀だろう。

  • 日本の記者クラブと発表ジャーナリズムを批判

  • 良書。現在なのか、過去からなのか、日本は職業上の矜持を失いつつあるのではないかと思う。昨今、心を撃つ記事が少なくジャーナリズムの躍進に期待したいし、自分自身もそこに助力したい。

  • メディア
    社会

  • 東2法経図・6階開架:070.21A/F11h//K

  • なぜ、日本の新聞は本当のことを伝えないのか、アメリカと比較して述べている。ジャーナリストの姿勢、市民とマスメディアとの関係、記者クラブ問題を取り上げている。メディアが権力の監視機関としての役割を果たすためには、我々市民がメディアに対して働きかけが必要だと思う。権力におもねるメディアは見たり、読んだり、買ったりせずに、しっかりとしたメディアを支援すべきだろう。Video News.comの神保哲生氏、IWJの岩上安身氏を私は支持します。

  • 確かに取り上げるニュースの重さは各紙違うけれど、全国紙は似たり寄ったりの記事で、全紙読んでも意味ないかもなぁ。

  • ★あわてて全体像を書こうとしても無理。初期報道には小さな物語やディテールが重要
    ★記者はWatch Dog
    ★関係機関の発表の横流しはノーバリュー

全105件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年、アイオワ州生まれ。大学生のときに台湾の東海大学に留学。慶應大学をへて、東京大学で経済学修士取得。96年にブルームバーグ、AP通信、ウォールストリートジャーナルの東京駐在員をへて、2003年よりニューヨークタイムズ。09~15年、東京支局長。2011年には東日本大震災の精力的な報道で、12年ピューリッツァー賞のファイナリストとなった。著書に『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』(双葉社)、『権力と新聞の大問題 』(共著、集英社新書)ほか。

「2019年 『同調圧力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーティン・ファクラーの作品

「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする