犯人に告ぐ

  • 1872人登録
  • 3.71評価
    • (247)
    • (382)
    • (469)
    • (43)
    • (9)
  • 370レビュー
著者 : 雫井脩介
  • 双葉社 (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575234992

犯人に告ぐの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男児誘拐殺人犯人と捜査責任者の巻島との闘いの他に,過去の事件との闘い、同じ警察内での闘い、世論との闘いなどいろんな視点で楽しめました。
    特に食えない直属上司との駆け引きはどこのカイシャにもいるなと思え、上司のその後も気になりました。
    結末は、一気に物語を終わらせた感はありますが、スピード感命でしょうから、これで良かったと思います。
    ところで過去の事件はどうなった。そこが気になりました。
    全編ハラハラ・ドキドキの連続です。一気読みでした。
    続編もあるので、楽しみです。

  • 「犯人よ、今夜は震えて眠れ」ー。連続児童殺人事件、警察とテレビ局とのタッグ、劇場型捜査など。臨場感はありましたが、通称バッドマンとの対決、長髪の巻島刑事等々の設定が、少しアンバランスな感じでした。the 警察vs犯人!という構図は少し苦手かもしれません。。【第7回大藪春彦賞、2004年週刊文春ミステリーベスト10・1位、2005年本屋大賞7位】

  • 警察組織とマスコミを利用しての犯罪捜査の話。
    幼児誘拐など扱っている事件が重いため、前半は読むのが辛かったが、後半はマスコミを利用しての見えない犯人との駆け引き、マスコミ間の視聴率争いなど俄然面白くなってきて、2段組約370ページ、一気に読めた。
    犯人そのものより、捜査方法=マスコミの利用方法が面白かった。
    (図書館)

  • 映画もテレビでしてるの見たなぁと
    ぼんやり思い出しながら読んだ。

    『今夜は震えて眠れ』
    この言葉、嘘臭い言い方になるけど
    痺れる。

  • 映画見た後に見るとなおカッチョいい♪

  • 小川さんが本当に素晴らしいです

  • 『巨貌』『火の粉』など、骨太な作品で、じわじわと支持を拡大している雫井 脩介の新作。

    子供の誘拐殺人事件が解決しないまま、

    警察のとった行動は

    テレビニュースでの「劇場型捜査」

    地方に左遷された神奈川県警の警視・巻島が再び捜査の責任者として表舞台に!

    メディアを巻き込んだ捜査という設定の新鮮さは面白い。


    「犯人よ、今夜は震えて眠れ」

  • すっごい面白かったです!!!!!!
    久々に目を離さず一気読みでしたよ。
    今まで読んだ雫井さんの作品の中でも1番面白かったです。

    なんでかラストの方で号泣する私。
    これ映画化になるそうですが、映画化になったらラストかっこいいだろうなぁ〜と思います。
    巻島警視かっこよすぎ!
    最後の「○○(犯人)に告ぐ!」がかっこいいし、裏切り者に仕掛けたトラップが
    小気味いいし、なんか最後にすっきりできてでも感動もあって号泣しちゃうし・・・。本当に面白かったです。映画も楽しみ!!

  • 警察小説。ハラハラ、ドキドキ、イライラさせながら、先が気になってすぐ読めた。映画も見てみたい。

  • 刑事ものの小説。
    心理描写が秀逸だった。
    特に凄いと思ったのが、巻島がマスコミの前で暴言を吐きまくるところ。
    現実的な問題として、不祥事を起こしてテレビで不誠実な発言をしている人が多い気がするけど、背景にある心理状態はこうなってるのかと妙に納得させられた。
    加害者の心理状態に注目している点も面白かった。
    ・[ワシ]事件の犯人→逮捕されなかったものの、後悔の念からか、自殺。
    ・巻島を刺した[ワシ]事件の被害者家族→自首
    ・元極悪人のトミさん→人格崩壊
    結局犯罪ってのは、被害者にとってはもちろんのこと、加害者にとってもろくな事にならないんだなぁ思い、考え込んでしまった。

全370件中 1 - 10件を表示

雫井脩介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

犯人に告ぐに関連するまとめ

犯人に告ぐを本棚に登録しているひと

ツイートする