金色の獣、彼方に向かう

著者 :
  • 双葉社
3.50
  • (31)
  • (92)
  • (129)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 628
レビュー : 113
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575237467

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鼬って、イタチなのね。

  • 恒川ワールド全開の、ファンタジーホラー。でも、他作品と比べると、異世界に飛ばしてくれる感は低いかも。
    短編集かと思いきや、連作集というしかけは、恒川さんお得意のものではありますが、嬉しくなってしまいますね。

  • 金色の毛並み、鼬のような姿、そして輝く緑の眼。
    元寇の際に海を越えてもたらされた異国の神が、時代とともに日本での在り方を確立していく様子が4つの物語を通して浮かび上がります。

    暗闇の中にゆらりとただよう正体不明の光。
    怖いのに魅惑的で、逃げ出したいのにずっと見ていたい。
    そんな恒川さんの幻想的なホラーにくらりくらりと魅了されました。

    「異神千夜」は後半にいくにつれて、ゾゾゾッと鳥肌、でも目が離せず。
    「風天孔参り」のすうすうする読後感は、ときどき味わいたくなる感じです。

  • 異界に触れる短編4作。

    風天孔参りの話は、以前の作品と少し似ているが、一番印象に残った。
    元寇にまつわる話は時代物でおもしろいのだけれど、どうしても異界の女が気持ち悪くて、怖さもあり、後味の悪さが残る。

  • なんだろう…妙に人間が汚い感じがする。そして心に残らない。こういう感じは嫌いじゃないはずなんだが…

  • 神とも魔物ともいえる不思議な金色の獣をテーマにした短編集
    と、いってもこの獣が出てくる話もあればまったく関係なさそうで
    考えてみれば色々とこじつけられそうな話(風天孔参り)もあり
    今回も面白かった
    特に風天孔参りが恒川光太郎作品の中では新鮮なお話でわくわくさせてくれた

  • 元寇とともに大陸からやってきた異神にまつわるお話4編。なるほどこうして「神」は海を渡ってきたのだなぁ、と面白く読めました。ただ、誤字が気になって…鈴華と鈴鹿、どっちもスズカって読めるけどさぁ^^; 風天孔参りもなかなか面白かったです。でもなんていうか恒川さん、本が出るごとに「ん~?」な感じが増していくような…や、まだしばらくは追い続けますがね^^

  • すっかり恒川ファン。4編の短編集。最初の「異神千夜」がホラー色が強く好き。 じわじわ、ぞくぞくっとくる怖さは、デビュー作の「夜市」を思い出した。でも、やっぱり、「夜市」は超えないなぁ。でも、これからも追っていきたい作家さんです!

  • 短編集4作あって、風天孔参りだけ面白かった。
    他は特に面白くなかった。恒川光太郎の著書の中では一番面白くなかった。

  • 樹海に抱かれた村で暮らす大輝は、ある日、金色の毛をした不思議な生き物と出合う。ルークと名付けて飼い始めるが、次第に大輝の体に異変が起きてきて……。「樹海」と「サンカ」をテーマに、鬼才が読者を神々の世界に誘う、表題作を含む4編を収録。

全113件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金色の獣、彼方に向かうのその他の作品

恒川光太郎の作品

ツイートする