君の膵臓をたべたい

著者 :
  • 双葉社
3.86
  • (899)
  • (1077)
  • (721)
  • (182)
  • (73)
本棚登録 : 8510
レビュー : 1264
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575239058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 登録者数におどろきだ。これはタイトルのインパクトで勝ったのではないかな? 若い人は感動するかもしれないけど、私はあまり感動はなかった。もちろん泣きましたよ。人が死ぬ話ですから。いつもそばにいる人を大切にしたいものです。別れは理不尽に突然やってくるから

  • ひとつひとつの文章がライトノベルのもののようでした。
    一文が長くないので、割とすぐに読み終えられた気がします。そういう意味ではすらすらと読みやすい本ではありますが、一方で、文章自体に読み応えを感じられなかったのが残念でした。
    帯やポップで絶賛されていて、読む前から期待をしすぎたかもしれません。それでも一応、投げ出さずに最後まで読んで面白かったと思える本でした。

    • にゃん吉さん
      コメントありがとうございます。共感していただけてうれしいです。会話の部分・・・他の作品でも思ったのですが、ちょっと合わなかったです。本当ゾク...
      コメントありがとうございます。共感していただけてうれしいです。会話の部分・・・他の作品でも思ったのですが、ちょっと合わなかったです。本当ゾクゾクしました(笑)多分観にはいきませんが、映画ではどうなるのか気になります。
      2017/06/14
  • 全体的に薄いというか、ラノベっぽい。
    桜良の笑い方とか主人公の泣き方とか、いかにもラノベというか漫画っぽくてあんまり得意ではなかった。
    話も特記するほど内容がないような…。
    主人公の名前もキーワードになるのかと思いきや、全然大したことなくて伏線にもなってなかった。勝手に二葉亭四迷かと思ってたよ。

  • 何にも夢中になれず周囲との関わりも避けてきた「僕」は、病院で偶然「共病文庫」を拾った。そこには難病と向き合う少女の日記が綴られており、持ち主はクラスメイトの山内桜良だった。

    テーマは「青春」と「生と死」。友達には隠していた重い膵臓の病気が、偶然クラスメイトの「僕」に見つかってしまったことからお互いを意識し始める。タイプの違う2人が違うからこそお互いに無いものに惹かれていき、別れの日が訪れるまでをゆったりと描かれている。
    泣けると謳った話題作ですが、個人的にはもう少し捻りが欲しかった。話し言葉も多くラノベ的な感覚でさらっと読めてしまう(号泣シーンを言葉の通り文字にしてしまうことに唖然。これも時代…?)。

  • 今更ながら読了。
    会話の掛け合いが面白く、なんだかんだ泣いてしまった。
    病で亡くなったわけではないこの設定は奇をてらったのか、病にかかっていてもそうでなくても、生きている以上平等に死と隣り合わせであるというメッセージなのか。

  • 文章は書き慣れた感じでこなれてはいるものの、細部はやや説明口調でお世辞にも上手い文章ではなかった。奇抜なタイトルではあるが、奇抜なのはタイトルだけで中身はありがちな難病モノ。少し一般から浮いている天真爛漫な変わり者の少女と、少しひねくれている少年が、独特な少女の感性に振り回されながらも変わっていくという目新しさのない物語で、やはりシチュエーション先行で描かれた印象が強い。いうなれば「難病の美少女モノ」という手垢のついたテンプレートに則っているだけで物語としての深みはまるでない。クライマックスで、彼女は病気とは違う不幸な結末を迎えるわけだが、それが表しているのはただの「理不尽さ」であり、そこから死に対して何かしらの教訓は得られるものではないと思う。特別な関係での日常に憧れる人間にとって難病と知っている人間同士という共犯関係は都合がいいのであろうが。主人公とヒロインの関係ばかりで、置いてけぼりにされた親友が少し可愛そうだと思った。一応ラストで救済はあるものの、死後でなければ物語に関われないというのは中々に残酷な話である。その「閉じた」関係と世界観は確かに青春モノの王道ではあるのだが、他者との関わりを大事にするのが物語の結論である以上、主人公とヒロイン以外の他者との関係性の異常なまでの薄さはやはり失敗だったように思う。まあこの手の話にしてはウェットの配分は絶妙であり、重苦しくなり過ぎず爽やかにまとめあげた筆致は賞賛に値する。

  • 大きな期待をして読書開始
    一時期はどこの書店に行っても店頭に積み重なっていましたからね

    タイトルも意味深
    最近は映画化もされていて、「最後まで読むとタイトルの意味が分かる」との触れ込み

    読み始めてすぐに思ったのが「ラノベみたい」
    実は私、ラノベというものは読んだことが無いのですが、ラノベってこういう系だろうなという勝手な思い込みです

    現実世界にはこんな娘はいないだろというね
    どの辺りでどうなるんだろうと思いつつ読み進めるが、ずっとその調子

    何故初めてあった男の子にだけ病気である事を明かしたのか
    何故その男の子にまとわりつくのか
    何故二人で旅行に行こうという話になるのか

    全てが不自然にしか思えなかったが読み進める
    最後まで読めば分かると
    ただ、既述の通り全く現実味の無いキャラクターたちに違和感しかなく、当然全く面白くない

    女の子の死は突然訪れた
    想像とは違う形で
    「君の膵臓を食べたい」というメッセージが既読になっていた
    彼女にそのメッセージは届いていた
    。。。ん?で?

    女の子が亡くなった後
    女の子の親友と男の子が仲良くなる
    あまり人付き合いが得意でなかった男の子が、亡くなった女の子と交流する事によって成長した?
    女の子の社交性を身に着けた?

    君の膵臓を食べたい
    その言葉が彼女に伝わった
    彼女の爪の垢を煎じて飲むように、実際に膵臓を食べたかのように
    彼女の社交性を身につける事ができた
    それで、彼女の親友とも仲良くなれた

    イヤ分からない
    この物語をどう捉えていいのか
    何故これほど?本屋大賞?

    私の読書力が足りないのか
    期待値が高かった分評価は2としました
    また同じ夢を見ていたの方が全然好き

  • 話題の小説ということで手にとったけど、セカチューを彷彿とさせる・・30代には少々青春すぎる内容でした。

    10代のころ読んでたらはまったかもね。

  • 刺激的なタイトルから病気に関連した内容かしらと想像していました。読むとやはりその通りで、ちょっと引きこもり気味の主人公の男子と活発なクラスでも目立つ存在の女子の組み合わせ、その女の子が膵臓の病気に侵されているけれど、主人公以外は家族を除きその事を知らない‥という設定になっていました。不治の病という設定から物語は紆余曲折はあるにせよ、終局へと向かうのですが、そのストーリーに沿っての感動をあまり得られなくて残念でした。これはそもそも私の感性が鈍くなってしまったのか‥
    特に彼女の逝き方が唐突過ぎてガッカリです。
    物語に入り込めなかったのは、主人公の二人と彼女の親友が主な登場人物だったのですが、殆んどその関係性だけに終始しているので深みが足りないのではと思いました。タイトルの持つ物語性だけに頼ってしまった結果で、病気の事も断片的に出てくるだけなので、現実味が薄くなったような気がします。

  • ある日、女子高生が私に言った。
    「この本の登場人物の、どっちの気持ちも、私はわかる。今の私は」
    彼女の気持ちを知りたいと思ったので、自分では絶対に手に取らないであろう青春小説を、最後まで読み通した。
    題名のせいもあるが、主に彼女の言葉が原因で、
    いつ怖い展開が訪れるのか?嫌な登場人物は?
    など、物語の結末を知りたいからというより、彼女の言葉の意味を追求したくて、最後まで読めた気がする。

    わかったこと。
    スレていると思っていた女子高生は、私たちが思っているより、ずっとピュアだった。
    私は、もし自分がこの本のような文章を書いたとしたら、後ですごく恥ずかしくなって、世の中に発表できないだろう。作者を悪く言っているのではない。素人がこのタッチで中途半端にやっちゃうと、作品にならないのだ。
    そういう意味で、私は登場人物の会話、やりとりに対し、考えてしまうところがあった。(恥ずかしくなってしまった)
    女子高生ではない。スレていたのは、私だ。

    生きるとは、について作者が自分の考えを出してから書いているのは評価できると思ったので、★2つ。

著者プロフィール

住野 よる(すみの よる)
高校時代より執筆活動を行っていた。2014年2月ごろ夜野やすみ名義で、様々な賞に落ちてしまった小説「君の膵臓をたべたい」を広く世で読まれてほしいという願いから小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿。同作が話題となり、2015年6月双葉社から書籍化されデビュー。同作が「本屋大賞」2016第2位、「読書メーター読みたい本ランキング」1位、「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2015」1位と高く評価され、売上面でも「2016年年間ベストセラー」総合5位、文芸書1位(トーハン調べ)、「2016年 年間ベストセラー」総合4位・単行本フィクション1位(日販調べ)となり、累計発行部数200万部を突破した。実写版映画が2017年7月28日公開、アニメ映画が2018年公開。
その他作品に、『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』『か「」く「」し「」ご「」と「』『青くて痛くて脆い』がある。

君の膵臓をたべたいのその他の作品

住野よるの作品

ツイートする