バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ

  • 双葉社
2.54
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 46
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575307368

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 仙台 作並温泉、牛タン。
    新潟 たれカツどん、新津温泉
    修善寺 極楽苑、苫湯、虹の郷
    会津若松 野口英世青春館、お座トロ展望列車、鶴ヶ城
    金沢 兼六温泉、回転すし
    富士山五合目 カレー、ふじやま温泉、焼きそば、旧戸川住宅、うどん
    浜松 協定、バーデンバーデン、浜松城、うなぎ
    奈良井宿 中村邸、ならい荘、紙問屋資料館、五平餅
    鶴岡 出羽乃雪酒造資料館、芋煮、湯野浜上区公衆浴場、とちもち
    岐阜 関ケ原ウォークランド、味噌煮込みうどん、養老天命反転地、味噌カツ丼
    一関 中尊寺、ゆめやかた、じゅうねんかっと、悠久の湯
    信濃国分寺 万葉超音波温泉、懐古園
    名古屋 名古屋最強定食、スオミの湯、名古屋城
    岡山倉敷 はなぐり塚、ひるぜんやきそば、
    草津伊香保 女神館、珍宝館、水沢うどん
    冨浦 薬師温泉、サンマ
    高岡・羽昨 潮風ギャラリー、マスずし、コスモアイル羽昨、
    三宮 二宮温泉
    四日市 はまぐりうどん、とんてき丼、富田浜
    那須 ナス和牛丸尾定食、戦争博物館、北温泉
    京都 京都国際漫画ミュージアム、
    福井 らっきょdeワンダーライス、ちらしずし、恐竜博物館、一乗谷、越前おろしそば、エンゼルランド、マスずし
    茨木空港・水戸・勝田 那珂湊焼きそば、まかない丼、水戸芸術館
    大阪 民族博物館、串カツ

  • 1980年生まれ、かとうちあきさん、野宿女子ですw。女子高校生のとき、野宿にデビュー、以来野宿暦18年とか。「バスに乗ってどこまでも」、2014.9発行です。予算1万円、バス旅行、予約不要・現地で野宿、その土地を体感する・・・、「うり」が「野宿」の日本各地25ヶ所の旅が紹介されています。野宿のさわりを中心にサッと読みました。1月、仙台、作並駅の隣の無人駅で寝袋にくるまり震えながら眠ったと。木曽路、山の中、熊注意の看板の近くで野宿。庄内では予想以上の寒さでトイレの中で野宿。とてもたくましい女性です。コッヘルにバーナーとガス持参、スーパーで土地のものを買って食べる。カップラーメンや袋麺を食べる。美味しいと思います(^-^) でも、この旅は月刊誌連載のコラム作りで、編集者などが同行しており女性の一人野宿ではないことを念頭に入れて参考にする必要があると思います!

  • <目次>
    省略

    <内容>
    野宿ニストのかとうちあきさんが、高速バスで10000円ぽっきりの予算で、旅をする(もちろん宿泊は野宿)企画。けっこう行き当たりばったりで、面白いのかどうかの感じだが、
    B級の観光地が好きそうで、温泉も必ず入っているし(これは女性野宿愛好者は必須か?)、そういう意味でゆるい紀行文となっている。お金を使わずに済ますため、行先での移動はレンタサイクルか徒歩、1日乗車券の類。暑い季節は博物館辺りが涼める観光スポットだし、土産物屋の試食コーナーも定番。道の駅は野宿のポイントらしいし、そういう視点で街を見ているのが面白いかな?
    逗子市立図書館

  • 野宿野宿加藤さんちあきさんが 変臭者のYさんと出かけたのは、総予算1万円でのバス旅。

    旅行に出かけた先は、25箇所。
    章ごとに、コンパクトにまとめられた旅行記は、同じようにチープな旅を目指す時の参考にはなりそうな....

    しかし、かとうさん あかんわ。徒歩旅とはいえ、一泊二日の旅でガスストーブのガス切れ起こすとはf^_^;

  • 1万円の予算内で都内から直通で地方都市に高速バスで旅するエッセイ。著者かとうちあきは野宿入門の著者。野宿マニア。
    1万円以内で宿泊、飲食、現地での移動費も込みだから当然宿泊は野宿となる。いわゆるケチケチ旅行でお金をなるべく使わず楽しく旅行するアイデアも面白い。

  • そうそう、野宿では東屋の確保が最優先。暗くなる前に、水場と東屋の先住者有無を確認し、できればタウンページで銭湯とコインランドリーの場所が抑えられればなおさらヨシ。もう、何年も野宿してないなー

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1980年、神奈川県生まれ。人生をより低迷させる旅コミ誌『野宿野郎』編集長(仮)。著書に『野宿入門』(草思社)など。好きな盆踊り会場は「錦糸町の河内音頭」、好きな音頭は郡上おどりの「猫の子」

「2015年 『今日も盆踊り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かとうちあきの作品

ツイートする
×