クレヨンしんちゃんの防災コミック 地震だ!その時オラがひとりだったら

制作 : 永田 宏和 
  • 双葉社
4.25
  • (5)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575311082

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学3年生の娘が繰り返し読んでいる。

    地震について学ぶ為、というより
    単純に面白いらしく、ゲラゲラ笑いながら読んでいる。
    それでも地震に関する情報は頭に入っているようで

    「大地震はいつ来るの?」
    「地震が起きたらトイレの水が流れないらしいよ」
    「うちの冷蔵庫は地震の時倒れない?」
    等言ってくる。

    地震に関する絵本は何冊か読んだけれど、
    娘にとってはこのしんちゃんの漫画が一番響いたようだ。

    大人が読んでもわかりやすくタメになる。

  • 2018/05/26読了


    防災しっかりしないとなあと思いつつ
    実践できていない、んだよなあ
    こういう系の本をしっかり読んで、備えをしっかりしなければ。

  • クレヨンしんちゃんの防災の本です。
    五歳のしんちゃんが一人でいるときに地震が来たら……ですが、ありえるよねぇ、というリアルな設定。
    話がどれも具体的でわかりやすい。
    どういうときに避難所にいくの?
    とか
    ペットはどうすればいいの?
    とか

    小学生にわかる本が欲しかったのでこれは買い!
    でしょう。
    ただ
    あなあけいととじぶっかーかけ、が必要ですが。

    2018/02/08 更新

  • しんちゃんと防災について学べる。
    マンガでわかりやすい

  • 子どもに親しみやすいキャラクターの本なので、飽きることなく読み進められ、知っておいてほしいことを楽しく知ることができる本だと思います。大人にも大事なことを知るのによい本だと思うので、家に1冊あればくり返し読めていいと思います。

  • 地震の本って何だか怖くてあまり手にできなかったけど、これなら怖いのは怖いけど頭に入ってきやすい。
    災害のために準備を色々しておかないといけないなと改めて思いました。

  •  しんちゃんが1人でお留守番をしていたら、大地震が発生した――――というところから、話は始まります。
     地震が発生したとき、どんな行動を取ったらいいのか、この本の中のしんちゃんのように1人だったらどうしたらいいのか、単なる写真付きの解説だけでなく、マンガでも分かりやすく書かれている。

    ------------------------------------------------------------------

     いくら写真やイラストがふんだんに使われていても、頭に入って来ないことも多くある中、マンガで書かれていることで、すごく分かりやすくなってる。
     マンガのストーリーもよかった。

全7件中 1 - 7件を表示
ツイートする