ホスピめし みんなのごはん (ジュールコミックス)

著者 :
  • 双葉社
3.54
  • (5)
  • (8)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 98
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575334586

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 病気勤務の管理栄養士のお話。私は常日頃、食べることは生きること、だと思っているのですが、作中にも同じ一節が書かれていて、やはりそうだよなあと改めて共感。切り口が面白いご飯漫画を久々に読みました。健康で好きなものを食べられる幸せ、ご飯をおいしく食べられる喜びを改めて実感させられました。

  • 管理栄養士のリアルを知る(沖嶋先生)

  • A5

  • 購入

    病院の管理栄養士のはなし。
    食べることは生きること。という大切なことを再確認できる漫画と思う。
    医療漫画は数多くあれど、管理栄養士の漫画は見たことが無いので興味深く読めた。

  • 新しく開拓してみた。
    元気な栄養士さんの頑張りぶりがほのぼのしている。
    いいかもね!

  • 流行りの医療現場物かつ仕事をする女子かつ根強い人気の食べ物ネタの漫画。
    いくつかに区切られている話の最初の2つだけ読んだ。

    1話目、脳梗塞で倒れてリハビリ中の男性(中高年くらい・プライド高い)。
    主人公が本人にも家族にも、「これを食べてはいけない理由」をきちんと説明できなかったために、家族が危険なさしいれをしてしまう。
    これは失敗として描かれているからまだいい。
    でも患者への対応にイライラする。
    頭はしっかりしているのに思うように体を動かせない患者のもどかしさや苛立ちを描いているにもかかわらず、「はいアーンして」な子供扱いノリで接する看護師だか介助士だかはスルー。

    2話目、臨月に体重が急激に増えて制限が必要になった妊婦。
    こっちでもやっぱり患者に理解できる説明をできてない。
    びっくりするほど無知な人はいるから、きちんと説明しきれないのは仕方ないにしても、同じ失敗を繰り返して、しかもこちらは失敗として描かれていないのはどうなんだ。
    そして患者の状態をおうちでママにペラペラとカロリー単位まで話す管理栄養士はありなのか。

    何冊か続きがあるみたいだし最初の二つしか読んでないから、もしかすると後でフォローが入るのかもしれないけれども、多分この病院はプライバシーポリシーとかない。
    こんな病院は嫌だ。


    こっちは実録だけど、病院の無自覚なハラスメントで思い出した。
    『踊る老人病棟』http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4413031172

  • 管理栄養士をテーマにした漫画。
    (初めて見た...)

    さまざまな疾患を抱えた患者に対して、
    管理栄養士として、どのように
    関わっていくのかが描かれています。

    今回のテーマは、

    ・脳梗塞後の高齢者
    ・妊娠中毒症患者
    ・糖尿病患者
    ・末期癌患者
    ・過度なダイエット中の女性

  • 面白い( ̄^ ̄)ゞ仕事の資料でよみました

  • 売却

  • 管理栄養士が主人公の前向きまんが。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

野崎 ふみこ(のざき ふみこ)
1956年生まれの漫画家。1977年、「少女コミック」(小学館)でデビュー。 『たまこ定食注文のいらないお店(6)』で「料理レシピ本大賞 in Japan 2018」料理部門:コミック賞を受賞。その他代表作に『オリーブと3人ポパイ』など。
心屋心理カウンセラー、顔ヨガインストラクター、YURUKUインストラクター、ネコ専門アニマルヒューマンコミュニケーターなどの顔も併せ持つ。

ホスピめし みんなのごはん (ジュールコミックス)のその他の作品

野崎ふみこの作品

ホスピめし みんなのごはん (ジュールコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする