真相 (双葉文庫 よ 15-1)

著者 :
  • 双葉社
3.47
  • (100)
  • (412)
  • (605)
  • (47)
  • (8)
本棚登録 : 3010
感想 : 307
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575511000

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 5つの短編集。
    メインタイトルにもなった
    【真相】が個人的には一番。

    他の作品も様々な真相があり、
    さすが、横山さんという感じ。

  • 5つの短編集。
    息子を殺された男が、犯人の自供によって知る息子の別の顔「真相」他。
    家族であっても、見せている顔とは別の一面があり、自分はどうだろうと考えてしまった。

  • ⚫︎びっくりするぐらいどれも面白い。
    ⚫︎よくもまあこの短い中で序破急並みな展開に仕上げたもんだ…どれもだれていない…
    ⚫︎それに読ませるんだよな…どれも…
    ⚫︎今回はあまり警察が出てこないのでそれも新鮮だったね。しかし、今度はばりばり警察が出てくるやつが読みたくなってきた。

  • 普通に生活していても、実は…。という事は多い。それが事件絡みだとその内容もさらに重かったり暗かったりするのだろう。

    どの短編の真相も暗く重かった。
    「18番ホール」の焦燥感や最後のオチ?はさすが横山秀夫さん。最後までハラハラした。

  • 「犯人逮捕は事件の終わりではない。そこから始まるもうひとつのドラマがある…」(本の帯の著者の言葉より)

    事件の真相は時に残酷な真実をつきつける
    そんな5つの短編集

    「真相」
    息子を殺された父親が知る息子の「素顔」とは…

    「18番ホール」
    レジャー施設の建設、産業廃棄物のごみ置き場設置などで揺れる過疎の村の村長選挙に立候補した男。どうしても勝たなければならなかった理由があり…

    「不眠」
    リストラされた男が目撃した不審な車。近所で起こった殺人事件の真相とは…

    「花輪の海」
    学生時代、空手クラブ内で起こった事故死。リンチのような先輩の執拗なしごきの末に起こったのは…

    「他人の家」
    出来心で犯罪を起こした男。しかし出所後も犯罪者ということで世間からは冷たい仕打ちを受け…。そんななか、手を差し伸べてくれたのは…

    どの作品もおもしろかった!!
    犯罪の裏に隠された人間の心の闇と慟哭と葛藤
    事件は解決しても
    のしかかる苦く重く皮肉な真相

    ラストの「やられた~!」感は
    さすが横山秀夫先生だわ~!

  • 横山秀夫さんは期待を裏切らないですね。人間が追い込まれて壊れていく姿が、まざまざと描かれていて怖かった。

  • 切なくもあり、怖くもある短編集。

    真実を知ることが幸せだとは限らないものだな、と
    思いました。

  • どんな物語、どんな人生、どんな問題。

    必ず真相はある。

    望まれた真相、望まれない真相、

    それはただ一つだけ。

  • 短編集。それぞれ面白いです。
    横山さんの入門編として良いと思います。

  • 18番ホールが人間の弱さ醜さが出ていて良かった。犯罪を犯したものが、のうのうと生きているのではなく、罪の意識を絶えず持ちながら、そして最終的には墓穴を掘る。世の中、そういう風にできていてほしい

全307件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1957年東京生まれ。新聞記者、フリーライターを経て、1998年「陰の季節」で松本清張賞を受賞し、デビュー。2000年、第2作「動機」で、日本推理作家協会賞を受賞。2002年、『半落ち』が各ベストテンの1位を獲得、ベストセラーとなる。その後、『顔』、『クライマーズ・ハイ』、『看守眼』『臨場』『深追い』など、立て続けに話題作を刊行。7年の空白を経て、2012年『64』を刊行し、「このミステリーがすごい!」「週刊文春」などミステリーベストテンの1位に。そして、英国推理作家協会賞インターナショナル・ダガー賞(翻訳部門)の最終候補5作に選出される。また、ドイツ・ミステリー大賞海外部門第1位にも選ばれ、国際的な評価も高い。他の著書に、『真相』『影踏み』『震度ゼロ』『ルパンの消息』『ノースライト』など多数。

横山秀夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×