• Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575511680

作品紹介・あらすじ

ささいなことで友達と笑いあい、初めて知った恋に戸惑い、夢と現実のあいだであがいていたあの頃。十代の時間は色濃く過ぎていった…。誰もが胸に大切にしまってある風景が、今せつなくよみがえる。人気作家7名が、十代の揺れる気持ちを鮮やかに描いた青春小説アンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本のチョイスが偏ってきたなぁ、と思うと、アンソロジーを読みます。
    今回は、未読だった瀬尾まいこさんの「狐フェスティバル」が入っていたこともあってこの本を選びました。

    「狐フェスティバル」は、瀬尾さんらしく子供たちが生き生きと温かく描かれていて、期待を裏切らない作品でした。

    意外だったのが、私としては苦手意識のあった角田光代さんの「神さまのタクシー」という作品がとてもよかったこと。絵に描いたような優等生のハミちゃんの、素直になれないもどかしさが、とてもかわいらしかった!

    あとはやっぱり川上弘美さんの「一実ちゃんのこと」。姉を母株とするクローンである一実ちゃんと「あたし」の、浮遊感のある現実と日常のバランスが、とても心地よい作品でした。

  • 「イモリのしっぽ(椰月美智子)」と「一実ちゃんのこと(川上弘美)」が良かった。

    「イモリのしっぽ」は、卒業間近で時間を持て余し、つい感慨深くなっちゃった学生時代の放課後を思い出した。

    「一実ちゃんのこと」は、果たしてこの本のタイトル「Teen Age」の趣旨に合うものかは分からないけれども、とっても気に入った。
    クローンとして生まれて現在浪人生の“なげやり派”、一実ちゃんがすごくいい。
    主人公との会話も、真剣なのにどこか間が抜けてて面白い。
    牛強盗にはいったのに、いくらかつかつ音をたてて歩いても全く気付かれなかった描写が面白い。
    「迷い牛発見 大量の糞残し」の新聞記事も最高だ。
    ほんの20ページほどなのにすごく楽しませてもらった。

  • 20代になる前に読みました。
    短編集。内容が薄かった。。。

  • 粒ぞろい。秀逸。
    狐フェスティバル、一実ちゃんのこと が良い。あと、イモリのしっぽも。

  • 色々な十代の気持ちが詰まった本
    単純なラブコメが読みたかったから、気分には合わなかった。

  • 角田光代「神様のタクシー」は女子寮の女の子の話。氷室冴子の「クララ白書」を思い出して懐かしく感じ、すごくよかった。
    瀬尾まいこ「狐フェスティバル」田舎はいろんなしがらみがあって閉鎖的で、でもそのなかで地元大好きで頑張ってる男の子。明るくてキラキラしてるこんなに話が好き。
                

  • やっぱり瀬尾さん椰月さんがすきだなあと。角田さんも初めて読んだけど良かったなあ

  • 総合的には、正直いまいち。。
    角田さんの神さまのタクシーと、瀬尾さんの狐フェスティバルだけは、なんかきゅんきゅんしちゃう思春期な感じがすごく繊細に描かれてて、良かった♡
    結局好きな作者の作品は、自分に合ってるんだよなぁと知ることができるってのが共著の作品集の良さかな。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    ささいなことで友達と笑いあい、初めて知った恋に戸惑い、夢と現実のあいだであがいていたあの頃。十代の時間は色濃く過ぎていった…。誰もが胸に大切にしまってある風景が、今せつなくよみがえる。人気作家7名が、十代の揺れる気持ちを鮮やかに描いた青春小説アンソロジー。

    【キーワード】
    文庫・アンソロジー・青春・十代


    1+++2

  • Teen といっても
    書く人によってこんなに違う。

    しかしまぁ若いっていいな。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

角田光代(かくた みつよ)
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。西原理恵子の自宅で生まれた猫、「トト」との日記ブログ、「トトほほ日記」が人気。

角田光代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
吉本 ばなな
瀬尾 まいこ
瀬尾 まいこ
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

Teen Age (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする