僕の行く道 (双葉文庫 (し-30-01)) (双葉文庫 し 30-1)

著者 :
  • 双葉社
3.46
  • (24)
  • (50)
  • (60)
  • (16)
  • (5)
本棚登録 : 418
感想 : 59
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575512052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これは、電車の中で読んではいけませんね。
    ウルウルです。
    大筋は、『母を訪ねて三千里』の様に、少年・沖田 大志が、苦労して遠く離れた母を探しに行く物語です。

    途中、大志の会う人が、みんな良い人で、彼ら彼女らも、大志と会うことで、変わって行きます。

    やはり、最後は母との再会ですが、奇跡の出来事にウルウルです。
    旅を通じ、そして真実を知って、成長した大志に希望を感じます。

  • 初の新堂作品。何げに手にとってみたら、見事に泣いた泣いた…子をもつ母親として思いっ切り感情移入してしまい、読み終えても涙が止まらなくて、私の生涯1泣いた作品!

  • 優しい世界感がとても好み。
    市川拓司さんの作品に似てて、別離(ここでは死に限らない)の予感が漂っている。父は子の、子は母の。
    悲しいけれど、みんなあなたを愛しているんだよって言われているような気がする。

  • 一気に読んだ。涙がこぼれた。

  • 初、新堂冬樹作品

    小3の大志が猫のミュウと母を探しに小豆島を目的地に旅をする話です。「母をたずねて三千里」みたくありきたりな設定ではありますが、主人公をはじめ、登場人物が皆素敵で温かい気持ちになります。

  • 中盤からラストまでずっと泣きながら読みました。こんなに泣いた本はこれまでに無い。こんなにドラマチックじゃなくても、子供がいる人、なんらかの事情で子供と離れて暮らしている全ての大人が読むべき物語。ベタさを補って余りある破壊力でした。

  • 二歳の時から会っていない、パリで勉強をしている筈が見つけた写真から考えるに小豆島にいるかもしれない母親に会う為、猫と一緒にひとりと一匹で内緒で小豆島への旅に出た小学三年生の大志の冒険。行く先々で出会う人たちと話をしたり泊めて貰ったり倉庫に泊まったり、善意に助けられながらの旅が素朴でほっこりした。

  • 現代版母を訪ねて三千里.ちょっと,いかにもって感じもするが,極力純粋に読むべし.

  • 出会う人が皆優しくて、いい人たちで・・・
    心温まる話
    途中まで小豆島に行ってもお母さんに会えないのにと
    思って読んでいたけれど、最後の展開には驚きました
    児童書みたいな感じもあるけど、大人も感動する作品だと思いました

  • #読了。小学3年生の沖田は、母親がパリに留学に行っていると言われ父親と二人暮らしをしていたが、ある日父が隠していた手紙を見つける。それを見た沖田は母親がパリではなく小豆島にいるのではと思い、内緒で島に向かうが。。。映画化もされたらしいが、小学生向けかな。

全59件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

 メフィスト賞受賞作『血塗られた神話』でデビュー以降、ノアール小説から純愛小説まで幅広い作風で数々のベストセラーを持つ。代表作は『溝鼠』、『カリスマ』、『無間地獄』、
『黒い太陽』、『忘れ雪』、『虹の橋からきた犬』等。また、新堂プロを立ち上げ、タレント、アイドル、作家のプロデュース、漫画原作等も手掛け、その才能は多岐に渡る。

「2024年 『虹の橋からきた手紙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新堂冬樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
石田 衣良
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×