誰かが足りない (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.37
  • (19)
  • (69)
  • (107)
  • (22)
  • (2)
本棚登録 : 595
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575517170

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何かをなくした人々が一歩を踏み出す…そんなお話。6話の短編集。
    6話共「ハライ」というレストランに10月31日の6時に予約を入れるが、実際ハライに関する描写はあまりなく、幸せの象徴みたいな感じに描かれている。でも、温かいレストランに心のこもったスープ…それだけで立ち直れそうな予感があるから不思議だ。私もハライに行ってみたいな~

  • 読み終えた今、日曜の夜ながら心がぽかぽか温かくなりました。

    "誰かが足りない"
    心の拠り所のないような、淡い喪失感のような、この感覚。
    普段から意識しているわけではないのに、言われてみれば既視感を覚える、この「足りない」という感じ。
    1つ1つのエピソードを通して、ここにはいない誰かに思いを寄せました。

    静かで淡々としたこの物語、章を追うごとに音楽が聴こえ、色や温度を感じるようになってきます。
    この、物語が動き出すような感覚が絶妙で、おまけに美味しくて特別ながらも、ぽつん、と所在なく佇んでいるようだった「ハライ」が、最後はとても温かく居心地のいい場所となっているのが印象的でした。

    「誰かが足りない」という、すこし淋しさを感じさせるようなこの言葉が、いくつものエピソードを下地に、最後のページで一転してこんなにも温かい意味を持つだなんて。何度も繰り返し読んじゃいました。最後のページ、だいすき。予約6のお話も。

    それから「抽斗(ひきだし)」とか、「薬缶(やかん)」とか、あまり漢字で見ることのない言葉をあえて漢字で書いていたように、1つ1つの言葉が丁寧に選ばれていたのも心地よかったです。

    マイナスを、マイナスと思われるものをプラスに持っていく力、というのはこんなにも心を温かくしてくれるものなんですね。

  • あっという間に読み終わってしまいました。本屋大賞にノミネートされていたかと思うのですが、確かに読みやすい。話数が進むにつれてジワジワ面白くなっていく感じがしました。ただ、ストーリー自体は面白いのですが、深みのある表現や心情変化の書き込みがもう少しあると更に良かったかな、と思います。

  • 初読みの作家さん。
    私は少し物足りなさを感じました。
    もう一声欲しい感じ。

    沢山の本を読んでいるのにもかかわらず、いまだに
    短編の楽しみ方を掴みきれない私。
    気持ちが乗ってくる前に話が終わってしまう。

  • おいしいと評判のレストラン「ハライ」に、同じ時に訪れた6組の客の物語。仕事に納得がいっていない。認知症の症状がではじめた。ビデオを撮っていないと部屋の外に出られない。人の失敗の匂いをかぎとってしまう…。「足りない」を抱える事情はさまざまだが、前を向いて一歩踏み出そうとする時、おいしい料理とともに始めたい。決心までの心の裡をていねいに掬いあげ、本屋大賞にノミネートされた感動作。

  • 評判のレストラン「ハライ」に予約を入れた6組のお客さんたちの短編。
    期待通り美しく読みやすい文章だったんだけど、ひとつひとつのストーリーにいまひとつ奥行きが感じられなくて残念に思えた。
    10/31のハライの描写がなんというか、一番残念…。

  • タイトルを見て本を読む前にはミステリー小説だと思っていましたが、読んでみたらまったく別物だったので
    それだけでもインパクトはかなりありました。

    感動する作品や心温まる作品などいうのは今まで何度となく経験はしましたが、
    この作品では普段の何気ない生活の些細な事から
    悩みや後悔などの人生でのスランプの事が
    「ハライ」を通して次へのステップのきっかけになって
    新たなる道を導いていて今までに無い心の温かさが感じられました。

    特に認知症の症状の出始めた老婦人の物語では、
    老婦人が認知症になり始めた症状は経験はしたことも
    身の回りでも見たことがないのでどんな症状なのかは分からないですが、
    記憶があちこち彷徨っている様子がとても臨場感があり、とても切なく悲しくもどかしい気持ちになりました。
    こんな状況の中でも何十年も一緒にいた愛おしい人を想う気持ちが
    痛いほど伝わりほろりとさせられてしまいました。

    どんなに寂しくても、悲しくても、辛くても
    それは絶望ではなく、失敗だということ。
    そしてどんなに大きな失敗をしてもまたそこから這い上がれるという力があるということをそっと教えてくれました。
    そして人は誰かがいないということで、様々な事を思い巡らし、希望へも夢へも持って力強く生きていけると思える作品でした。

    宮下さんの作品はこの本が初めてですが、
    他の作品も読んでみたいと思いました。

  • 読み始め…16.5.23
    読み終わり…16.5.24

    美味しいと評判のレストラン「ハライ」に、同じ日の同じ時間に予約を入れた6組の客の物語。

    まいにちの生活の中でふと、何か足りていない...と感じることがある。くよくよと考えこんでも仕方ないとは思っていてもどこか虚しい....。そうして模索の日々を過ごしていくなかで、足りていなかったことは身近にいる誰かの心の温もりだったのだと知ったとき、明るく前向きに一歩を踏み出だす場所として評判のいいレストラン「ハライ」に予約をいれる――

    「ハライ」のある街は
    やんわりうす~いミルクいろ。
    往来は緩やかで
    穏やかな風が吹いていて.....
    「ハライ」の美味しいはなんだろう。
    オムレツなのかな。。

    足りないという喪失感のなかに漂う空気は、どこかもの哀しくてせつないはずなのに、なぜか読後にはほわっとした温かさを感じて、しみじみほっとした気持ちになります。

  • 誰かが足りないとおもうということは、
    待ってくれている人がいるということ。幸せなこと。

    夏の夕暮れみたいな気持ちになった。

    満たされているようなどこかせつないようなそんな気持ち

  • ちょっと最初の話に戸惑う。
    ダメ男、こういう感じで続くとつらそう。
    つぎはボケ老人。むむむむ。
    でも次のヨッちゃんの話。
    次のビデオお兄ちゃんの話良かった。
    そうして振り返ると、最初の話もダメばかりでないんだな。
    ダメなところのある人たち、だから誰かが足りないハレの食事。でもそれでいいじゃない?という感じ、その通りと思う。

全91件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮下 奈都(みやした なつ)
1967年福井県生まれ。上智大学卒業。2004年、「静かな雨」で文學界新人賞に入選し、デビュー。日常に起こる感情の揺れを繊細で瑞々しい筆致で描きだす作品で知られる。『スコーレNO.4』が書店員から熱烈な支持を集め、注目を浴びる。
代表作に、2016年本屋大賞、ブランチブックアワード2015大賞、「キノベス!2016」などを受賞した『羊と鋼の森』があり、2018年6月に映画公開される。ほか、福井からトムラウシに移り住んでいた頃の日々を描いた『神さまたちの遊ぶ庭』や、福井での身辺雑記や本屋大賞受賞前後のエピソードなどを描いた『緑の庭で寝ころんで』がある。

誰かが足りない (双葉文庫)のその他の作品

誰かが足りない 単行本 誰かが足りない 宮下奈都

宮下奈都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

誰かが足りない (双葉文庫)に関連するまとめ

誰かが足りない (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする