残花繚乱 (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.18
  • (4)
  • (9)
  • (19)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 115
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575517538

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女って 怖いな

  • 最近読んだ本で一番面白かった。

  • 女性だからわかるんです。この気持ち。あのキモチ。

  • 不倫中の女性・西田りかと彼女に関係する女性たちのドロドロの群像劇。関係者はりかの不倫相手の貞淑な妻にその娘、りかが通う書道教室の書道家、同じ生徒で整形を繰り返し人生を謳歌する女、同じく生徒で外資系企業で働き夫と企業を計画している女と女おんなの物語。章ごとに視点が変わるのだが、お前もか、おいおい、お前もか、という濃い繋がりは偶然と運命と策謀が入り乱れ、飽きさせない。個人的には美羽の若さゆえの潔癖さが実に痛々しく刺さった。彼女たちに絡む男どもも一筋縄ではいかず(まぁ、最低野郎だみんな)、何かを抱えたまま突き当たる終着点。ここまでぐちゃぐちゃになった関係性にも関わらず、明るい未来を見せているような感じで締めているために、どこか清々しく感じさせる読後感は見事。なるほど女とは愛おしいと思うのだった・・・か?

  • 想像と違った内容だったけれど、ドロドロとした男女関係のオムニバスでおもしろかった。結末ははっきりしないけれど。

  • TVドラマは未見。不倫相手の妻、書道教室での友人、見合い相手等々、様々な男女の関係が絡み合う短編連作集。
    6人の女性と1人の男性の視点で語られるが、やはりメインは女性たち。生き様の違いは鮮明だ。
    最後まで読むと、女性たちの争いよりも1人の超モテ男の方が印象に残る。女性を惹きつけてやまない魅力、貪欲さ。女性たちを振り回してきた男は最後まで神秘的だった。

  • こういう女の生き方、好き

  • 実際ドラマ化されたが、ドラマにありそうな内容。
    狭い世界での結婚、不倫、嫉妬。面倒だな。
    (図書館)

  • ドラマを観て原作が読みたくなった本。ドラマとは若干違う。ドラマはドロドロしていたけど原作はもっと控えめというかあっさりしている。一番大人な対応をしたのは美羽かなと感じた。

  • 登場人物それぞれの視点から語った物語。
    女同士のドロドロした関わり合いがよく表現されていた。同時に「結婚」についても考えさせられた本だった。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

おかべ・えつ●1964年大阪府生まれ、群馬県育ち。2008年、第3回『幽』怪談文学賞短編部門大賞を受賞、翌年、受賞作を表題とした短篇集『枯骨の恋』でデビュー。14年7月に刊行された『残花繚乱』がTBS木曜ドラマ劇場で「美しき罠 ~残花繚乱」として連続ドラマ化(主演:田中麗奈)。著書に『新宿遊女奇譚』『生き直し』『パパ』『フリー!』、共著に『果てる 性愛小説アンソロジー』など。2018年1月公開の映画『嘘を愛する女』(出演:長澤まさみ、高橋一生)の小説版も担当している。

「2018年 『夢に抱かれて見る闇は』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡部えつの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

残花繚乱 (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×