ミステリアスなお茶会-京都寺町三条のホームズ(4) (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.89
  • (23)
  • (54)
  • (31)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 371
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575518825

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鑑定話も面白いけど、なんなのこのプラトニックな2人の思い。
    このフワフワ感がいいんやろね。
    つかず離れずっていうんですか。
    最後に葵ちゃんは自分の心に正直になってくれたけどね。

    ただ表紙だけはあまり好きじゃないの。

  • 2度目の読了。

    「月がキレイですね」的なことを言いましたね(笑)。さすがにヒロインはわからなかったようだけども、露骨と言えばそう(笑)。

    ----
    1度目:2017/03/02

  • 2018年11月20日~11月20日

  • 珈琲店タレーランからの。だけど、そうだこの話は骨董だったっけ!まあ、読めなくはないけどw

  •  アニメで観た話が続く。
    このあたりまでかな?アニメ化されたのは。
    次から知らない話が読めると思うと、楽しみ。
    いけずな腹黒京男子とヒロインの間も、ぼちぼち進展してほしいところ。
    フラグは立っている(葵が自覚した)ので、近いかな?

  • 京都の観光名所・神社仏閣の魅力の紹介によって読んだ誰もがぜひとも足を運びたい気持ちになる事間違いなしの「京都寺町三条のホームズ」第4弾です。今回も大人の男女の愛憎劇や人気女流作家の殺人未遂事件に旧家の後継者問題に絡んでのライバル・円生との対決と盛沢山の内容で大いに楽しめましたね。唯チャラ男の秋人くんが一回休みなのが寂しかったですが、ホームズの弟分の高校生・利休くんが初登場して腹黒さをアピールしましたね。葵ちゃんの一線を引く姿が歯がゆく我慢せずに思い切って告白したら恋が苦手なホームズを落とせると思いますね。

  • ホームズさんの最後の月のセリフは、夏目漱石だよね?伝わってなそうだけど…ホームズさんが、葵ちゃんに振り回されてる感じが可愛い。伝わるといいね。利休くんは、分かるけど、イラっとくる(笑)

  • 少しいつもより推理物らしい話もあり内容が濃かった。
    もう少し葵の活躍もあると良いと思う。

  • 2019.2.18 読了

  • オーナーと奥様のエピソードが素敵。若者の恋愛もそろそろ変化がありそうかな?
    相変わらず京都のウンチクが楽しい。

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

望月 麻衣(もちづき まい)
北海道出身・京都府在住。2013年、E★エブリスタ主催「電子書籍大賞」を受賞し、作家デビュー。
2016年『京都寺町三条のホームズ』で第4回京都本大賞を受賞、『月刊アクション』でコミック化された。同作は2018年7月からテレビ東京系でアニメ化。

望月麻衣の作品

ミステリアスなお茶会-京都寺町三条のホームズ(4) (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする