自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)

  • 双葉社
3.11
  • (4)
  • (32)
  • (99)
  • (19)
  • (2)
本棚登録 : 416
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575518931

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どんでん返しか??と思うような話だらけだった。
    タイトルでどんでん返しと書いてある分で疑って読むので余計どんでん返し感が無い。
    普通のミステリー短編として読めばまあ。といった感じ

  • 法月倫太郎のカニバリズム小論が好みだった。
    あまりに短くてどんでん返し感はなし。

  • ■本格推理の巧者たちがあなたを仰天させる。

    十七歳年下の女性と結婚した助教授。妻が恐るべき運命を告白する…。ベストセラーを目指せと、編集長にたきつけられた作家はどこへ…。完璧なアリバイがあるのに、自分が犯人と供述する女子高生の目的は…。貸別荘で発見された五つの死体。全員死亡しているため、誰が犯人で誰が被害者なのか不明だ…。推理作家が、猟奇殺人の動機を解明すべく頼った人物とは…。独身の資産家を訪ねた甥。その甥には完全犯罪の計画があった…。六つのどんでん返しが、あなたを虜にする。

  • どんでん返しというので、ワクテカしながら読んだ。だけど、内容的にはミステリーというよりホラーなかんじ。そして、少々グロも入ってる。
    なんか思っていたものとは違って、途中で挫折。
    私には合わない作品だった。


    2016.7.23 挫折…

著者プロフィール

綾辻 行人(あやつじ ゆきと)
1960年京都市生まれ。京都大学教育学部在学中、京大推理小説研究会に所属。研究会同期に、後に結婚する小野不由美がいる。1982年、同大学大学院教育学研究科に進学。1987年、大学院在学中に『十角館の殺人』で作家デビュー。講談社ノベルス編集部が「新本格ミステリー」と名付け、その肩書きが広まった。1992年大学院を卒業後、専業作家に。
1990年『霧越邸殺人事件』で「週刊文春ミステリーベスト10」1位。1992年『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞長編部門を受賞。2011年『Another』で「ミステリが読みたい!」1位。2018年第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。
主な代表作として、デビュー作『十角館の殺人』以来続刊されている、長編推理小説「館シリーズ」。

自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)のその他の作品

綾辻行人の作品

ツイートする