主を失ったジャケット-神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん(2) (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.59
  • (5)
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575519280

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • お互いがお互いを思いやる優しい気持ち。
    伝え方も人それぞれ違う中、相手ならもっとうまく話をすることができただろう…自分はどうしてこんなに不器用なのだろう…。
    自分らしさに気づき、真っ直ぐ気持ちを伝えることの難しさを考えさせられた。

  • 蓋が開かず出戻って来た携帯灰皿、ドア前に撒かれたバラバラの玩具、壊されたメトロノームと天馬の後輩少女、依頼品でない品に普段以上に集中し倒れる茉莉。一巻の記憶にない文章の若い青さに驚いた。年齢は馴染んだ。一口に関西弁と言っても地域性か作者によるのか印象が違い面白い。本書の神戸弁ももこもこして温もった。

  • この前読んだ本の続編です^^

    前に読んで気に入ったので、続編を読みたくなりまた。

    とはいうものの前のわくわく感ではなくて、この本はなんとなく休み時間にコーヒーを飲みながら時間がゆったりと流れるような感覚で読めるので気に入ってます(⌒▽⌒)

    相変わらず茉莉のもとに想いのある修理の依頼があるのですが、今回はアンティーク堂の元の主人の万さんや茉莉さんの事が少し知れる話しになっていて、人はどうやって勇気を貰うんだろうとか、どうやって勇気を与えられるのかなー そしてどう乗り越えていくのかなぁて考える話しでした。

    この本を読んでると悲しさや辛さをを知ることで、人に優しく時には厳しくなれるんだなって思わせてくれてます。

  • 短話のミステリーもの。主人公とヒロインがアンティーク堂に持ち込まれる色々な物の謎を解き明かす内容。「主を失ったジャケット」という副題に惹かれて購入。
    話によっては馴染みの無いもの(携帯灰皿とか)が題材に選ばれていることもあったが、説明が分かりやすく、頭にすっと入ってきた。全体的に丁寧なのは良いのだが、作品としての味が薄めなためか印象に残りづらい。もう少し何か特徴を出しても良かったのではと思った。

  • 【最終レビュー】

    図書館貸出予約著書の一冊。約、5ヶ月弱待ち・シリーズ続編。

    *前作・既読レビュー:16.8.9

    http://booklog.jp/users/sapphire913/archives/1/4575518832

    ◇目次

    ○修理file.0:アンティーク堂に紫煙ゆれた過去

    ○修理file.1:バラバラのおもちゃで測られた技術

    ○修理file.2:修理を重ねて強くなるもの、修理を重ねて強くなるこころ

    ○修理file.3:光の中の吐露。主を失ったジャケット

    既読したタイミングが、ちょうどよかったと言っても過言ではないこと。

    既読直後、率直に感じました。

    [3.11]を迎えるにあたり

    最近ニュースで取り上げられた

    『日常に直結するテーマの数々』

    〈上記の修理file全て〉

    描写された内容と『ピースが絡まるようにリンク』していました。

    経年変化

    個性

    オルゴール

    植物園

    散歩

    命の重さ

    手作りのパッチワーク

    丁寧につくられたもの

    人の心の深いところ

    独特の音

    マイノリティ

    何かを伝えることの難しさ

    これらを軸に

    言葉では決して言い切れない

    〈不器用でやりきれない、奥底で抱える心情〉から

    『ほんの一歩』を踏み出していくまでの〈過程〉

    一人一人が抱えている〈ささやかな想い〉

    丁寧に包み込むかのように綴られている雰囲気、自然と溶け込んでいました。

    [温故知新の魂から投げかけられる『作風』を通して伝わってくるもの]

    このシリーズを通して、自分はそう思っています。

  • 2016年9月双葉文庫刊。小さな事件なのに興味を惹かれます。生活臭が希薄で、ファンタジー的な世界が、素敵です。

  • 2016/12/18宝塚西図書館から借りた。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

山口県出身。東京都在住。小説投稿サイトから人気に火が付き、2011年「シミ。~純愛、浮気、未練、傷跡~」(宝島社)でデビュー。作品に『リキッド。』(講談社)、「神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん」シリーズ、「神様のいる診療所」シリーズ、「神様たちのお伊勢参り」シリーズ(双葉文庫)などがある。

「2020年 『丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹村優希の作品

ツイートする