トラップ (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.64
  • (3)
  • (17)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575519761

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【作品紹介】
    警視庁捜査二課の警部補・西澤は、ある汚職事件を追っていた。捜査がやや行き詰まりを見せる中、上司から“土管”という捜査方法を教えられる。その“土管”を駆使し、捜査対象者に迫る西澤。だがその裏で、警察官を監視する監察が動いていた(「土管」)。―横領や詐欺を担当する捜査二課を舞台に、警察捜査と犯罪の真相を描いた「ナンバー」シリーズ第2弾。ラストの“ひねり”を読み逃すな。

  • 短編連作でさーっと読めた。警察や検察、犯罪の起こる構造を詳細に描いた秀作。そんな落とし穴があるのね、と感心することがちらほら。組織の原理・価値観を超えるのって本当に難しい...。

  • 警視庁捜査二課の警部補・西澤は、ある汚職事件を追っていた。捜査がやや行き詰まりを見せる中、上司から“土管”という捜査方法を教えられる。その“土管”を駆使し、捜査対象者に迫る西澤。だがその裏で、警察官を監視する監察が動いていた(「土管」)。-横領や詐欺を担当する捜査二課を舞台に、警察捜査と犯罪の真相を描く。

  • 相場英雄の『ナンバー』シリーズ第2弾。西澤さん少しは成長したかな(^。^)いやあ〜最後ビックリ‼️すぐに第3弾読みたくなりました。

  • 「ナンバー」シリーズ第2弾。
    前作に続き面白かった。
    ラストはやりきれない・・・。
    (図書館)

  • 2020.1.17-281

  • ノンキャリたちのキャリア官僚の扱い方がリアル。

  • ナンバーの続編。西澤警部補が、上司の真藤のアドバイス。
    このアドバイスが、実に暗示的で、要点をついている。
    西澤は、その言葉を噛み締めながら、徐々に成長していくが、
    結局は、自白だけで、検察にあげるが、
    その自白を 覆されて、釈放されてしまう。
    「水も漏らすな」というアドバイスが、
    十分に生かされないことに。

    この作品は、意外と肩に力が入ってなくて、
    淡々としている。
    小堀というキャリアの屈折と熱心さが
    なんとも言えぬ、物語の悲しみを作り出す。
    組織の中で、生き抜くことの難しさ。

  • 警察小説。
    警視庁捜査2課 知能犯捜査係の西澤辰巳が、主人公である。
    「土管」で、職員食堂で、警察学校同期で、年齢も同年齢の江田洋一と、一緒になる。
    家庭も今度子供も誕生との事、、、、でも、少し空気を読むことが出来ない人間であると、西澤は、考えていたのだが、、、江田に、総監賞を授与するような話が、出ていて焦る。

    そしてたどり着いた方法は、先輩から、通信履歴を電話会社に任意で提出させて情報を取るというやり方であり、それを土管と言う隠語を知るのである。
    「手土産」「捨て犬」「トラップ」と、話は進展して行く。

    ノンキャリアとキャリア組も、壮烈な争いが、目に見えるほど、そして、その同じ中でも、イジメがあり、気鬱になってしまう人もいる。
    「捨て犬」柴犬登場は、少し、ホットさせるのだが、最後の「トラップ」で、西澤、真藤、小堀が、別々の部署へ配置換えさせられてしまうのだが、、、

    本部ヘ戻って来るのは、、、、次回のだろうか?
    平穏に読んで居られないのに、次の本を期待している自分が居る。

  • 面白かった。経済犯罪を扱う捜査2課が舞台のシリーズ第2弾。第1弾より捻りがあり、結末もよかった。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年新潟県生まれ。89年に時事通信社に入社。95年から日銀記者クラブで為替、金利、デリバティブなどを担当。その後兜記者クラブ(東京証券取引所)で市況や外資系金融機関を取材。2005年『デフォルト債務不履行』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞、翌年から執筆活動に。12年BSE問題をテーマにした『震える牛』が大ヒット。『不発弾』『トップリーグ』『トップリーグ2』などドラマ化された作品も多数ある。近著に『アンダークラス』(小学館)。

「2021年 『Exit イグジット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

相場英雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×