神様の棲む診療所 (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.55
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 48
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575519808

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 表紙の感じ好きだなーって思って読んだけど

    話も好きだ
    シーサー好きになった!
    これは面白い!

  • 沖縄の診療所を継がせる件あたりは無理やりな感じもありますが、暖かな内容。
    篤がというよりおばぁたちが自然に神様と共にある姿が良いです。

  • 2017年3月双葉文庫刊。沖縄の神様の話を描いたファンタジーですが、ありふれていて、ひねりも少なく、あまり楽しめませんでした。

  • 『神様の御用人』の沖縄版、というレビューを見たけど、まさかそんな、と思いつつ読んでみたら、本当にそのまんまだった。いいのかそれで!? と思うレベル。主人公が医者である意味はそのうち出て来るのかねぇ? 

  • 「神様の御用人」と設定も名称もまるかぶりすぎてて何だかザワザワする…いいのかな、コレ…。

  • 御用人の沖縄版

  • 東京の大学病院で働いていた篤は、父親により沖縄に連れ戻され、父親の診療所を継ぐことに。その診療所には、地元のおばぁたちの他に、不思議なものたちもやってきて・・・。少し「神様の御用人」の沖縄版みたいな感じもあるかな?でも、これはこれで、よかった。どのお話も、切なくも温かい、いいお話ばかりだった。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

山口県出身。東京都在住。小説投稿サイトから人気に火が付き、2011年「シミ。~純愛、浮気、未練、傷跡~」(宝島社)でデビュー。作品に『リキッド。』(講談社)、「神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん」シリーズ、「神様のいる診療所」シリーズ、「神様たちのお伊勢参り」シリーズ(双葉文庫)などがある。

「2020年 『丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹村優希の作品

ツイートする