横須賀ブロークンアロー(上) (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (728ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575519983

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山田深夜『横須賀ブロークンアロー(上)』双葉文庫。

    久し振りに読む山田深夜。上下巻で1,400ページを超える大作。

    横須賀とその周辺を舞台に描かれる国家最高機密と捻くれた男たちの生き様。警視庁公安部の石渡秋彦が剛の捻くれ男なら、バス整備士の江井徹は軟の捻くれ男。上巻では二人の捻くれ男の背景が各々描かれるが、それが次第に交わり、二人の近辺に危険が迫る。

    冗長過ぎて、ページを読み進んだ割りにはストーリーは余り進まない。また、冗長過ぎるが故に、公安の石渡秋彦を引き抜き工作が今一つ納得出来ない、石渡がバイク技術を習得する課程は詳細に描かれているのに対して諜報技術を習得する課程には殆んど触れられていない、など細部に粗さが目立った。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1961年福島県須賀川市生まれ。地元の高校を卒業後、神奈川県横須賀市で私鉄職員として約20年勤務。1999年7月、文筆業に専念するために退職。バイク雑誌各誌に小説を発表。著書に『ロンツーは終わらない』『千マイルブルース』『横須賀Dブルース』などがある。

「2011年 『電車屋赤城』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田深夜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×