横須賀ブロークンアロー(下) (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (696ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575519990

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山田深夜『横須賀ブロークンアロー(下)』双葉文庫。

    兎に角、上下巻で1,400ページを超えるボリュームに圧倒される。ボリュームの割りには勿体無いラスト…

    ベトナム戦争時に横須賀に持ち込まれた核にまつわる日米の最高機密を巡り、命を狙われる江井。

    硬派な国際謀略小説なのか、軟派な地域密着型スラップスティック小説なのか、立ち位置の曖昧さが気に入らない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1961年福島県須賀川市生まれ。地元の高校を卒業後、神奈川県横須賀市で私鉄職員として約20年勤務。1999年7月、文筆業に専念するために退職。バイク雑誌各誌に小説を発表。著書に『ロンツーは終わらない』『千マイルブルース』『横須賀Dブルース』などがある。

「2011年 『電車屋赤城』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田深夜の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×