海辺の週刊大衆 (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575521061

作品紹介・あらすじ

無人島に週刊大衆しかない!――テレビもない、ラジオもない、車は一切走ってない。あの村より何もない場所。ここは無人島。茫洋と広がる海辺に取り残された男がひとり。傍らには、何故だか“キング・オブ・週刊誌”の『週刊大衆』が一冊。“無気力文学”の鬼才が描く、徹底的に何も起きないサバイバル小説。カンカンと照りつける太陽の光と、『週刊大衆』の表紙の煌びやかな色彩の果てに、彼は何をみるのか。又吉直樹氏主演によるまさかの映画化で奇跡の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何も起こらないという意味はそういうことか!
    せきしろさんお初ですが天才!!!
    好きです!!!
    無気力が救われました!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1970年北海道生まれ。
主な著書に、映像化された『去年ルノアールで』や、『不戦勝』(共にマガジンハウス)『逡巡』(新潮社)『海辺の週刊大衆』(双葉社)などがある。
また、又吉直樹氏との共著『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』(幻冬舎)、西加奈子氏との共著『ダイオウイカは知らないでしょう』(マガジンハウス)では、それぞれ自由律俳句と短歌に挑んでいる。

「2016年 『たとえる技術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海辺の週刊大衆 (双葉文庫)のその他の作品

せきしろの作品

ツイートする