優しい音楽<新装版> (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575522327

作品紹介・あらすじ

混雑した駅中、彼女は驚いた様子でまっすぐ僕の方へ歩いてきた。それが僕たちの出逢いであり、恋人同士になるきっかけだった。でも、心も身体もすっかり馴染みきったある日、唐突に知ってしまう。彼女が僕に近づいた理由を――。(表題作「優しい音楽」)ちょっと不思議な交流が生みだす、温かな心の触れ合いを描いた作品集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 穏やかな気持ちでサクサク読める。

  • ちょっとだけ日常から外れたファンタジー。瀬尾まいこ独特のフワフワとした文体は、この本の中でも楽しめる。だが、登場人物たちの個性や魅力がやや弱い。やはり瀬尾まいこは、読んでいて気持ちの良くなる本がいい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

瀬尾まいこ(せお まいこ)
1974年、大阪府生まれ。大谷女子大学国文科卒。2011年の退職までは、中学校で国語教諭として勤務する傍ら執筆活動を行っていた。2001年『卵の緒』で第7回坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、これが翌年単行本デビュー作となる。2005年『幸福な食卓』で第26回吉川英治文学新人賞、2008年『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞をそれぞれ受賞。これまでに映画化された作品に、代表作『幸福な食卓』、『天国はまだ遠く』『僕らのごはんは明日で待ってる』。『そして、バトンは渡された』は第31回山本周五郎賞候補、2018年「本の雑誌が選ぶ上半期ベストテン」1位、「キノベス2019」1位に選出、さらに2019年本屋大賞を受賞。2019年6月13日、『優しい音楽』(新装版)を刊行。

瀬尾まいこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする