日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(4) 妖異 (双葉文庫)

  • 双葉社
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575658989

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 短編アンソロジー。綾辻作品目当て読んだけど、全部面白かった。

  • 古い作品が多い=漢字が多い

     決して漢字が苦手ではないんだが、読みづらい。綾辻作品とおちゃらけSFっぽい加納作品だけ読んであとは省略させていただいた。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院修了。1987年に『十角館の殺人』で作家デビュー。「新本格ムーヴメント」の先駆けとなる。1992年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。『水車館の殺人』『暗黒館の殺人』『奇面館の殺人』など、「館シリーズ」と呼ばれる一連の長編は現代本格ミステリを牽引する人気シリーズとなった。ほかに『緋色の囁き』『霧越邸殺人事件』『眼球奇譚』『深泥丘奇談』『Another』などがある。2018年、第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。

「2021年 『十角館の殺人(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

綾辻行人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
今村 昌弘
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×