朝虹ノ島 ─ 居眠り磐音江戸双紙 10 (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.68
  • (30)
  • (71)
  • (73)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 627
感想 : 40
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575661798

作品紹介・あらすじ

炎暑がつづき、江戸が夏の盛りを迎える頃、深川六間堀、金兵衛長屋に住む坂崎磐音は、相も変わらぬ浪々の日々を送っていた。そんな折り、楊弓場「金的銀的」の朝次の口利きで行方知れずの娘芸人探しをすることに…。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第十弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 江戸城の石垣修復にまつわる汚職の話がメイン。
    今も昔も洋の東西を問わず、利権と賄賂は政治につきものか。
    おこんさんのよく気がつくところ、きっぷの良さ、時折見せる奥ゆかしさが何とも魅力的です。いずれ磐音と結ばれたらいいのに。

  • 時代小説
    再読

    磐音さん女難の相…

    もとい、今津屋さんのお供で熱海の石切場のお話がメイン
    徐々に徳川幕府に近い働きをすることになる

    桜子さんの登場におこんさんがヤキモキしているのが初々しい巻

  • 深川六間堀、金兵衛長屋に住む坂崎磐音は、相も変わらぬ浪々の日々を送っていた。そんな折り、揚弓場「金的銀的」の朝次の口利きで行方知れずの娘芸人探しをすることに……。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第十弾。

  • まぁいつもの通り。奈緒の件は進展なし。
    気楽に本を読みたい時に読む本。

  • うだる暑さに悄然とする江戸の町を出て、浪人・磐音は大店の両替商今津屋に付き添って伊豆へと赴く。

    崩れてしまった江戸城石垣の普請のために、石切り場を見て回るのが目的だったが、腹黒い登場人物たちが暗躍し、相も変わらず騒動は尽きない。

    このシリーズは意図的に(と思うのだけれど)江戸外の旅路が描かれることが多く、江戸時代のその土地土地がどんなところであったのかと思い浮かべるのも面白さのひとつなのだけれど、本作でも、網代や初島がそんな土地だったのか、という驚きがあって、興味深かった。

    故郷・関前藩の内紛に巻き込まれたかと思ったら他家のお家騒動に首を突っ込む羽目になったり、なんとも忙しない話だが、新たに知己を得てぐんぐんと江戸の町で存在感を増していく磐音の姿は読んでいて爽快だ。
    だんだん磐音を取り巻く相関図が大きくなってきたな、と思う。

    磐音の友人、柳次郎と武左衛門のキャラも憎めない立ちっぷりで、シリーズものの強さを感じる。

  • 2020.02.23読了

  • 鳥取藩のお家騒動は何だか中途半端で磐音に惚れる桜子姫を登場させるためだけの振りなのかな。
    メインの話は江戸城の石垣普請に絡む汚職を暴くこと。また新たに幕府側の知己を得て物語が広がりそうです。

  • 昔の武士は本当に搾取されてたんだなぁ、と思う。商売人に借金してまでお城の石垣修理とは

    2019.9.9
    134

  • 最終巻で

  • 10~16巻。 

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

佐伯 泰英(さえき やすひで)
1942年福岡県北九州市八幡西区生まれの小説家、写真家。日本大学藝術学部映画学科卒。当初は冒険小説や国際謀略小説を中心としたミステリー小説を執筆していたがヒットに恵まれず、編集者からの勧告に従って時代小説家に転身。初の書き下ろし時代小説『瑠璃の寺』がヒットし、以後作家活動は軌道に乗っていった。
代表作として、『陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜』のタイトルでドラマ化された『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズ、『吉原裏同心』シリーズなど。

佐伯泰英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
佐伯 泰英
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×