雁渡し―藍染袴お匙帖 (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.53
  • (9)
  • (17)
  • (28)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 144
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575662153

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    押し込み強盗を働いて捕らえられた男が牢内で死んだ。牢医師も務める町医者千鶴の見立ては、烏頭による毒殺というものであった。南町奉行所同心の浦島亀之助は、千鶴の治療院に出入りしている御家人の菊池求馬の助けを得て探索をはじめる。医学館で教授方だった父東湖の遺志を継いで、女医となった千鶴の活躍を描く書き下ろし時代小説、好評シリーズ第二弾。

    平成30年6月8日~10日

  • 鳥もち事件(笑)
    人情ものの、いい話。

    内容(「BOOK」データベースより)
    押し込み強盗を働いて捕らえられた男が牢内で死んだ。牢医師も務める町医者千鶴の見立ては、烏頭による毒殺というものであった。南町奉行所同心の浦島亀之助は、千鶴の治療院に出入りしている御家人の菊池求馬の助けを得て探索をはじめる。医学館で教授方だった父東湖の遺志を継いで、女医となった千鶴の活躍を描く書き下ろし時代小説、好評シリーズ第二弾。

  • 藍染袴お匙帖の第二巻 風光るに続き面白く読んだ

  • とても読みやすい。
    飛び飛びに借りてきてしまったが、シリーズ読破したいと思う。

  • シリーズ2作目。
    ちょっと切ない話が多かったかもしれません。

  • L 藍染袴お匙帖2

    千鶴の父の死の真相。
    求馬を意識する、の巻。

  • ドラマ化もされたはずです
    牢医師の千鶴が難事件を推理

    ベタですが楽しそう

    もう少し、物語の深みがほしい

  • ドラマ原作だったので読み始めましたが、もう一捻り欲しいところです。

  • 「霧雨」とかはもっと大きくなのだろうし、一番気に入ったのは、「花襦袢」だけれど、総じて短すぎるし、女医ならではというのが、今ひとつだったり。

  • この程最終回を迎えたNHK・土曜ドラマ。「桂ちづる診察日録」の第2巻。双葉文庫。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高知県生れ。立命館大学文学部卒。人気テレビ時代劇シリーズの脚本家を務めたのち、2002年、『雁の宿』で小説家デビュー。文庫書き下ろし時代小説のブームをけん引し、13年『隅田川御用帳』シリーズで、第2回歴史時代作家クラブシリーズ賞を受賞。代表的なシリーズに、『藍染袴お匙帖』、『橋廻り同心・平七郎控』、『見届け人秋月伊織事件帖』、『浄瑠璃長屋春秋記』、『渡り用人片桐弦一郎控』、『人情江戸彩時記』等がある。

「2021年 『いのちを守る 医療時代小説傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤原緋沙子の作品

ツイートする
×