深川袖しぐれ―はぐれ長屋の用心棒 (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.68
  • (4)
  • (6)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 57
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575662245

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    幼馴染みの女がならず者に連れ去られ、命を賭けてまで女を助けようと奔走する研師の茂次が狙われた。下手人糾明に乗り出した華町源九郎の前に三人の刺客が立ちはだかるが、なんとその背後には、闇社会を牛耳り町奉行所の役人までも手なずけている大悪党が…。危うし華町源九郎!好評シリーズ第五弾。

    令和3年1月21日~24日

  • 研師の茂次がかつて住んでいた場所に行くと、なんとそこに幼馴染のお梅が。男二人に連れ去られようとしていた。
    どうにか防いだのだが、、、、。

    手段を選ばず、娘を借金の肩に連れ去る力士崩れの五平の一家。手段を選ばず、しかも徹底して嫌がらせをするので、なかなか大きな罪に問えない。
    しかも自分は決して表には出ないで、尻尾を握らせないといった、したたかさがある悪人なのだ。
    殺し屋の腕利きを三人も雇い、下っ端も多数。

    同心などにも賄賂を送り、事件をもみ消していた。

    茂次の初恋の行方も。。気がかり。

  • 今回は町方も手を出さない極悪な連中が相手
    長屋の連中にも手をだされ、流石の結束力も
    揺らぎかけた・・・

  • シリーズ第五弾。包丁砥茂次の幼馴染みの泣き虫お梅がならず者に連れ去られ監禁される、命を賭けてまで女を助けようと奔走する研師の茂次が狙われた。下手人糾明に乗り出した華町源九郎の前に刺客が立ちはだかるが、なんとその背後には、闇社会を牛耳り町奉行所の役人までも手なずける大悪党相撲の五平が…回向院裏手の通称「はぐれ長屋」と呼ばれる貧乏棟割長屋の住民の住居を打ち壊したり怪我を負わせたりして探索をやめさせようとします。協力を求めた町方も同様で源九郎達は追い込まれるが、刺客を始末し解決し長屋に平和が訪れる。

  • お上の助け

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1946年、埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業後、教員生活を送る。90年『剣の道殺人事件』で江戸川乱歩賞を受賞。骨太の時代小説で人気を博す。著作は300冊を突破、快調に執筆中である。本書は屈指の人気作「介錯人・野晒唐十郎」(祥伝社文庫)の主人公・狩谷唐十郎の若かりし頃、生前の父と居合の稽古に励んだ日々を描く青春記の第五弾。

「2021年 『追討 介錯人・父子斬日譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳥羽亮の作品

ツイートする
×