迷い鶴―はぐれ長屋の用心棒 (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.58
  • (3)
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575662351

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    孫娘に会った帰り道、華町源九郎は武士にかどわかされかけた娘を助けた。過去の記憶も名前さえも思い出せない娘を、長屋の住人は「お鶴」と呼び面倒を見る。お鶴を助けたい一心で騒動にのめり込む源九郎の前に立ちはだかる玄宗流の凶刃。鏡新明智流危うし!そして、お鶴の素姓は…?大好評シリーズ第六弾。

    令和3年1月24日~27日

  • 今回は、白い巡礼姿の女子が、二人の武士に連れ去られようとしているところに源九郎が出会す。
    長屋に連れ帰ると事情を聞いても、なぜか自分の名前すら思い出せない様子。

    記憶喪失のこの武家の若い女を匿うことに。

    すると、黒江藩の内紛に巻き込まれることになった。

    仲間でこの鶴と名付けた女性を守ることに。。

  • シリーズ第六弾。孫娘を見に行きお宮参りの約束をした帰り道、源九郎は複数の武士に 勾引かされそうになった巡礼姿の娘を助けた。何か過去に精神的ショックで記憶も名前さえも思い出せない娘を、長屋の住人は白い容姿から「お鶴」と呼び面倒を見るが長屋に魔手がおる。お鶴を助けたい一心で騒動にのめり込む源九郎の前に立ちはだかる玄宗流の凶刃。鏡新明智流危うし!そして、お鶴の素姓は…。長屋で匿うお鶴が危うくなり、お吟の店に連れて行きながら尾行されまんまと攫われる源九郎に、危機感がなく以前と同じパターン学習しなけばなぁ。

  • お節介で人助け

  • シリーズ6作目
    この頃も長屋に降りかかる事件は面白かった
    長屋連中の探索能力ってすごすぎ!

  • シリーズ6作目
    ずっとシリーズを読み進めて、この本を読んでいないことに気づく。
    紋太夫得意の将棋の場面が今回は最後に少しだけ。
    それだけ、中身が濃いものになっていた。
    記憶喪失の娘が、いつ記憶を取り戻すか、最後の最後まで読み進めずには
    いられなかった。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1946年、埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業後、教員生活を送る。90年『剣の道殺人事件』で江戸川乱歩賞を受賞。骨太の時代小説で人気を博す。著作は300冊を突破、快調に執筆中である。本書は屈指の人気作「介錯人・野晒唐十郎」(祥伝社文庫)の主人公・狩谷唐十郎の若かりし頃、生前の父と居合の稽古に励んだ日々を描く青春記の第五弾。

「2021年 『追討 介錯人・父子斬日譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳥羽亮の作品

ツイートする
×