初雪の日―銀杏屋敷捕物控 (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575662641

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 奉公先での恋に破れ、銀杏屋敷と呼ばれる姫君が住む御屋敷に勤めることになったお鶴。初めて訪れたその日に、姫は恐ろしいものを発見してしまう。そこから事件にお鶴たち銀杏屋敷のものたちは巻き込まれていく。
    面白かった。お鶴のきれいなものだけではない視点と、可愛らしいところもあるけど基本ツンでわがままなお姫様も、実は嫉妬してるだけなんじゃね?な彼も。やー、いいねー。これは続きが楽しみ。いいね>築山桂さん。特に女性におすすめです。

  • 読みやすい。読み込んでなかったせいかお鶴の年齢が話しの中でも把握できず。短編ではないため途中飽きもあったがわかりやすく良かった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家

「2015年 『未来記の番人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

築山桂の作品

初雪の日―銀杏屋敷捕物控 (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする