闇の射手-左近 浪華の事件帳(2) (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575665451

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大阪の守る在天別流の男装の麗人 左近は商家の娘の拐かし事件を調べていくうちに、浪人 天宮一馬と出会う。
    天宮は過去に自分と恋人を裏切った"左近"という男を探していた。
    8年前に在天別流で自分の前に"左近"の名を使っていたのは誰なのか…。

    左近殿はやはり神出鬼没で凛々しい緒方洪庵事件帳の方がいい。
    主人公にしてしまうと やはり弱さや迷いの部分も出さないといけないからなぁ…。

  • 緒方洪庵シリーズの登場人物の一人だった左近が独り立ちして「左近シリーズ」となり早くも第二弾。

    はるか古、推古天皇の時代に百済の使者が伎楽を奉納した際に、聖徳太子の命により百済の使者の弟子として学んだ少年達がその後、四天王寺に楽所を設け仏事の際の奉納舞や楽を行うようになった。四天王寺に在るから「在天楽所」と云う。そして時代が変わり帝から「武芸を磨き身命を賭して浪華の地の守護者となること」と密命を受け、帝が浪華の地を離れてもその密命を連綿を受け継いでいる裏の組織が「在天別流」。

    左近は今の在天別流の長である弓月の腹違いの妹であり、数年前に浪華の地に兄を訪ねてきて以来、在天別流の一員として活動している。普段は四天王寺のそばの饅頭屋にいるが何時も男のような着流しで剣もそこそこ使うというのがなかなか魅力的な人物設定の左近。

    今回も商家の娘の拐かし犯を追うさなかに街で偶然出会った浪人・天宮一馬が「七、八年前に出会った左近という名の男を探している」ということから自分と同じ名を名乗る人物は誰だったのかが気になり、一人で探索をするなと言われながらも深みに嵌る。

    今回の物語を通じて在天別流の組織や兄・弓月そしてその右腕の若狭らの若かりし頃が語られ、更に在天別流の懐の深さが際立つ作品になっている。

  • 高麗屋の饅頭が食べてみたい。どんなだろ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家

「2015年 『未来記の番人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

築山桂の作品

ツイートする