天命-おいらん若君 徳川竜之進(1) (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575668810

作品紹介・あらすじ

桜吹雪の吉原仲之町を道中する、世にも美しい花魁篝火。滅多に姿を拝めぬばかりか、決して客と同衾しない伝説の花魁に、今日も男たちは身悶えするばかり。だが、篝火にはとんでもない秘密があった。その正体は、若鮎の如き美丈夫――しかも故あって幼少時より吉原に匿われていた尾張家の御落胤、徳川竜之進だったのだ。無敵の”見返り柳剣”が浮き世の悪をしなやかに斬る!! 超期待の新シリーズ第一弾。

プロフィール

中央大学法学部政治学科を卒業後、神奈川県内の小学校で学校事務職員として勤務。2014年3月に小説執筆に専念するため、フリーとなる。社会保険労務士、行政書士の資格を持つ。熱烈なフラメンコファンであり、多くのアーティストを応援している。2014年 『私が愛したサムライの娘』で、第6回角川春樹小説賞受賞。15年同作で、第3回野村胡堂文学賞受賞。

天命-おいらん若君 徳川竜之進(1) (双葉文庫)のその他の作品

鳴神響一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天命-おいらん若君 徳川竜之進(1) (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする