ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫 み 6-1)

著者 :
  • 双葉社
3.98
  • (17)
  • (20)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 134
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575711042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 辻元清美か、仕様が無い人だ。PKOをおちょくりに戦場まで遊びに来るとは……

  • 自衛隊のカンボジア タケオPKOの取材記。
    文体は固いが、大マスコミが決して伝えない話が満載。これを読んで、
    まだ自衛隊不要論を唱え続けられるかは自信がない

  • 不肖宮島の原点、ここにあり。

  •  ひょんな事からひょんな事へとつらつら繋がっていく過程が物凄い。ゲロ吐きまくった話とか、本人は楽しそうに描いているが、実際は地獄絵図なんだろうなぁと予想。
     辛いことを辛いと思わせない書きかたは秀逸だなと思った。合間に入っている自衛隊員の良い笑顔の写真がなんとも言えない。

  • ユーモアの中に真実がありますね。

  • 不肖・宮嶋こと宮嶋茂樹さんのデビュー作です。『世界中で戦い続けるフリーカメラマン不肖・宮嶋が、自衛隊カンボジア派遣の現場を出港から密着報告。』のとおり、現地で野宿までしてまで取材する姿勢に脱帽です。

    先日見ていたとあるテレビ番組でこの本に描かれている話から17年後に、不肖・宮嶋こと戦場カメラマンの宮嶋茂樹が彼の原点であるカンボジアに行って先輩であり同じく戦場カメラマンでアンコールワットを目前にして命を落とした一ノ瀬泰造氏が現地で撮影した写真と同じ構図で撮影をするという内容だった。テレビを見ていた僕は何度となく
    「カッコイイ!!」
    と思わずつぶやいてしまった。

    話が脱線してしまった。この本は『不肖・宮嶋』(当時は勝谷誠彦氏との共同執筆)のデビュー作である。時は1992年。当時31歳の宮嶋茂樹はカンボジアに自衛隊がPKOとして派遣される際に、フリーランスのカメラマンとして彼らに同行するのだが、まあ内容が壮絶で。行きの船酔いでゲロまみれになったり、カンボジアで野営をしながら現地取材を敢行したりと、
    「なんでこのヒトこんな事ができるんだぁ!?」
    と読んでいて何度もいいそうになった。でも、彼の書く自衛隊の隊員は本当に人間味にあふれていて、非常に好感が持てました。

    あと、辻本清美が国会議員になる前にどういう人間だったのかというのが書かれていますので、ここでどうのこうのというつもりはございませんが、
    興味がもしおありでしたら、ご自身で読んで判断してください。

  • 素晴らしい!!
    本当に面白い内容で感動しました。
    皮肉なところもかっこいいしすごく素敵です。

  • 自衛隊のカンボジアにおけるPKO活動の取材記。今回も宮嶋節炸裂で楽しかった。次はどれ読もうかしら。

  • とにかくおかしい。悲惨なのに、笑える。戦場カメラマン宮島茂樹と黒子に徹した文春社員(当時)勝屋雅彦の初タッグ作。

    文集本誌連載当時から、不肖宮島のはちゃめちゃぶりと、それを冷静にまとめる勝屋氏の筆力で、人気の連載であった。

    週刊誌での連載時代はただただ大笑いしていたが、こうして一冊の本になってみると、やはりそのかけられた時間や努力と根性が顕著に見え、頭が下がる部分も多い。

    本文中いろいろ過激な発言は多いのだが、「あほちゃうか・・(笑)」と笑いながらも、戦うことの意味と、命がけの人々への思いを真摯に感じられる、数少ない好書だと思う。

  • 100726 Amazon 宮嶋若いなぁ~

全18件中 1 - 10件を表示

宮嶋茂樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×