ぬくい女 (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575711523

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久々にわかぎ嬢の作品を読む。

    この方は、バリバリの関西人なのに
    「標準語の頭」も持っている方で、
    関東人にも分かりやすいように
    関西の言葉や文化を紹介するのが
    とてもうまい人だと思う。

    少し古い本なので、エッセイの中では
    まだ中島 らも先生がご健在で(-.-
    躁鬱病だのアルコール障害だのと
    戦いつつも、ドタバタと
    劇団「リリパット・アーミー」の
    舞台に出演している姿が、
    らもファンには泣けます(^ ^;

    劇団のこと、舞台のことの他にも、
    わかぎ嬢の「持病」の引越しについてや、
    海外旅行のこと、言葉のことなど、
    軽く読めるも勉強になる(?)内容。

    面白いエッセイを書く人は、
    決まって面白い人々に囲まれている。

    わかぎ嬢も「関西小劇団界のお母さん」
    的な方で、この当時ご自宅には
    常に2~3人の居候が転がっていて(^ ^;
    それがまた役者バカと言うか、
    天然ぼけというか、
    日々すっとんきょうな言動を繰り返す。

    それをわかぎ嬢の、ある種突き放しながらも
    愛情たっぷりな筆致で綴られると、
    「一度生で会ってみたい」と思わせる
    魅力的な人物像として生きてくる。

    劇団の若手のアホ話など、思わず
    「んな、アホな」とツッコミを入れながら
    読みたくなる逸品です(^ ^

全1件中 1 - 1件を表示

わかぎえふの作品

ツイートする
×