本棚探偵の生還 (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
4.10
  • (8)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575714197

作品紹介・あらすじ

本棚探偵、古本を求め、ついに台湾へ! ロンドンへ! もちろん聖地・神保町も忘れちゃいない。
ここをスタート地点として三鷹まで、マラソンしながら古本を買ってみた。いや、古本を買いながらマラソンしてみた(?)。
さらにパワーアップした古本エッセイ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 待ちに待った文庫化。

    今回は本が目的の旅行記が多く羨ましい。
    バスカヴィルへの旅は羨望、恐怖の旅は爆笑。
    今回も大満足な企画で飽きる事なく読み進んだ。

    ミステリー一辺倒の作者にぜひ怪奇・幻想小説の世界にハマって欲しい。

    次巻も早く文庫化希望。

  • 本棚探偵第3弾。いやあ、楽しい面白い。
    古本にまつわるアレコレに挑戦するこのシリーズ、今回はマラソンしながら古本屋巡りをしたり、台湾やイギリス(あのヘイ・オン・ワイにも!)で古本巡りをしたり、膨大な本を有する人の本の引っ越しを手伝ったりと、どれもこれも楽しそう。(いや、マラソンは御免被りますが)
    何より本で遊ぶことの楽しさを共有できるのが楽しそうなんですね。人見知りだという著者は一人で楽しめるものにも目を向けますが、同じ趣味趣向の人たちとワイワイやることの面白さも提示してくれます。こんな風に古本仲間がいれば楽しいだろうなあとシミジミ思ってしまいます。

  • 本棚探偵は古本を求め、ついに世界へと旅立った。行先は台湾!ロンドン!もちろん聖地・神保町も忘れてはいない。マラソンが新たな趣味に加わった著者は、古本とマラソンを一度に愉しもうと、古書店で本を買いながら八王子を目指す(「マラ本マン」)。このシリーズでお馴染みのアノ人の蔵書整理もあり(「二つの本の引っ越し」「奇遇な交差点」)。さらにパワーアップした古本エッセイ第3弾。(表紙裏)

    1弾は深く深く。
    2弾は広く深く。
    3弾は広く広く…というように、それぞれを感じました。
    熱量には落ち着きが見られますが、とは言え、じゃあできるかと言えばそんなことはなく。
    4段の『~最後の挨拶』もとても楽しみです。

  • 2015/7/14購入
    2015/8/11読了

  • ヘイは遠いなー。

  • やっぱり面白い本棚探偵。
    次回作の文庫化が待ち遠しい!

  • 文庫化に伴い、再読。
    このサイズになると意外とコンパクト。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(漫画家、雑文家、装画家、プチ音楽家、本棚探偵)
1958年香川県出身。多摩美術大学卒業。
1981年に『ふぉーてぃん』で漫画家デビュー 。
代表作に『月光の囁き』、『日本一の男の魂』など。
さらに「本棚探偵」シリーズ、『東京マラソンを走りたい』、『シンヂ、僕はどこに行ったらええんや』などのエッセイも上梓。
1997年にみうらじゅん賞、2015年に『本棚探偵最後の挨拶』で第68回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)受賞。

「2016年 『本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本棚探偵の生還 (双葉文庫)のその他の作品

本棚探偵の生還 単行本 本棚探偵の生還 喜国雅彦

喜国雅彦の作品

本棚探偵の生還 (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする