北海道のローカル線に愛をこめて-函館本線へなちょこ旅2 (双葉文庫)

  • 双葉社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575714555

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (リリース:明子さん)

  • 札幌から函館まで、函館本線の山線を全駅徒歩で踏破する企画の第二弾。
    今作は余市からニセコまで。
    前巻の札幌から余市までと違って、駅間距離は長いし、山道だし。
    相当厳しい旅になるのではと思って読んだけど、彼らはちっとも変っちゃいなかった。

    鉄道と温泉とラーメンの味にうるさくて頑固なあざらしさんと、子どものようにわがままで行き当たりばったりなぶぶまる君。
    ちょっと読んでいて鬱陶しくなるんだよね、この二人の掛け合いが。

    だけど、北海道の鉄道事情はもう本当に末期的で、無人駅を増やし、廃線を増やし、車両が古くなったという理由で人気のSLも寝台列車も廃止して、それを全て北海道新幹線でチャラにしようなんて、あざらしさんじゃなくてもはらわたが煮えくり返るのよ。

    小さな出版社のオーナーでありラジオのパーソナリティでもあるあざらしさんは、オブラートにくるまずに実名を挙げてもの申してくれるからありがたい。

    トイレがない、自動販売機がない、ベンチがない。
    歩いて旅をすると、車で通りすぎるだけでは見えてこない景色が見えてくる。
    真似をしたいとは思わないけれど、少し羨ましく思ったことは確かだ。

    あとがきに、鶴見俊輔の言葉が書いてあって、それがなかなかいい。
    “正義は純一を求めるあまり暴虐に行き着く。戦争をする国はいつも正義を口にする。正義なんてろくなもんじゃない。正義をかざすぐらいなら、わたしは悪人でいい”

全2件中 1 - 2件を表示

舘浦あざらしの作品

ツイートする
×