東南アジア全鉄道制覇の旅 インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編 (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.11
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575714753

作品紹介・あらすじ

東南アジアの鉄道の全路線制覇の旅、シリーズ第二弾。最大の難関国・インドネシアのジャワ島とスマトラ島の鉄道に挑む。さらに、マレーシア、ベトナム、カンボジアの乗り残したわずかな路線、気づかなかった列車を制覇していく。先の見えない「アジア鉄道落穂拾い旅」はいつまで続くのか……。足かけ3年、列車に乗り続けた日々を綴ったアジアローカル鉄道紀行。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2018年10月読了。
    相変わらず「キツい旅」の下川さん。
    自分には下川さんの旅は真似ようと思っても多分真似られない(時間的に、体力的に)。
    当たり前かもしれないが、鉄道に対する時間感覚や「公共の移動手段」として鉄道という概念の違いからか、この旅でも四苦八苦しながら移動をしている。
    東南アジアを巡る修行僧の如し。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1954年長野県生まれ。新聞社勤務を経て『12万円で世界を歩く』(朝日新聞社)にてデビュー。アジアを中心とした海外紀行の著書多数。

「2019年 『10万円でシルクロード10日間』 で使われていた紹介文から引用しています。」

下川裕治の作品

ツイートする
×