木皿食堂(3)-お布団はタイムマシーン (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575714876

作品紹介・あらすじ

君はボクのクリーンヒットや――。夫婦脚本家・小説家である木皿家で、ある晩、夫が妻に呟いたコトバ。シリーズ第三弾は、夫婦の結びつきがより伝わってくるようなエピソードや、日常で見落としがちな大切なことを掬いとったエッセイが充実の一冊。互いにファンであることから実現した、芥川賞作家・藤野千夜さんとの初対談も収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 木皿泉さん、ドラマ『すいか』以来ずっと好き。

    ドラマでも小説でも、そして今回のエッセイでも、木皿泉さんは一貫しているなあって思うのです。

    人は到底わかり合えない。でも、それでいいのではないか。わかり合えなくても、助け合ってうまくやっていくことはできる。

    とか、

    自分の幸せくらい、自分で見つけるものだ(人から見てどうだろうと関係ない。)

    とか。

    『すいか』で浅丘ルリ子さん演じる教授が、「20年後も今も、同じじゃないかしら?自分で責任取る生き方しないと、納得のいく人生なんて、おくれないと思うのよ」と言うセリフがあるんだけど、木皿さんの考え方そのもの、と言う気がする。

    このエッセイを書いている時期は木皿さんにとって辛い事が続いた時期だったそうだけれど、そのせいか、今までのエッセイ以上に、木皿さんのどっしりとした大きな覚悟のある生き方を感じる一冊になっていると思った。




全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

夫婦脚本家。ドラマ「すいか」で向田邦子賞、「Q10」「しあわせのカタチ~脚本家・木皿泉 創作の“世界”」で2年連続ギャラクシー賞優秀賞。他に「野ブタ。をプロデュース」等。著書『二度寝で番茶』など。

「2020年 『さざなみのよる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木皿泉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小川糸
瀬尾まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印

木皿食堂(3)-お布団はタイムマシーン (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×