極道めし 1 (アクションコミックス)

著者 :
  • 双葉社
3.40
  • (9)
  • (18)
  • (44)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 223
感想 : 21
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575833256

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 縺薙l縺ッ螟峨o縺」縺ヲ縺?k縺代←縲?擇逋ス縺??繝ウ繧ャ縺?縺ュ縲
    蛻大漁謇?縺ォ蜈・縺」縺ヲ縺?k蜿怜?閠?◆縺。縺後?√す繝」繝舌↓縺?◆鬆?↓鬟溘∋縺溘?梧葎縺九▲縺溘Δ繝弱?阪r荳頑焔縺上す繝」繝吶Μ縺ァ陦ィ迴セ縺励※縲∬ェー縺後?後#縺上j縲阪→繝弱ラ繧帝ウエ繧峨☆縺狗ォカ縺?粋縺??繝サ繝サ縺」縺ヲ縺?≧隧ア縲
    縺昴?繧キ繝」繝吶Μ縺ョ荳ュ縺ォ縺ッ蜿怜?閠?ク?莠コ縺イ縺ィ繧翫?莠コ逕溘?繧ケ繝医?繝ェ繝シ縺瑚ゥー縺セ縺」縺ヲ縺?※縲√◎繧後b繝帙Ο繝ェ縺ィ縺輔○繧峨l繧九?
    縺??繧薙?∝袖縺後≠繧九?繝ウ繧ャ縺?縲

  • 『極道めし』
    BSジャパン/毎週土曜放送
    2018年7月14日から

  • 食いしん坊!に続いて好きな作品。
    この人の描くご飯ってどうしてこうも美味しく見えるんだろう…

  • 1〜3

  • ★3.5くらい
    5巻まで読了。
    夜中に読むと腹減りまくる!wやばい!
    飯と人情の話。

  • 刑務所とグルメ? どんな話にするのかと思ったら、美味しかった経験告白もの。とりあえず最初はそんな話。おもしろい設定ではあるがその話の質がイマイチです。

  • これはまた新しい食漫画だな。漫画である以上実際にそれを味わうことはできないし、「どれだけうまそうか」という描写をひたすら追求していくというのはある意味到達点なのかもしれない

    身近な料理が話になることが多い中で、みんな自分なりの食べ方みたいのがあるのが面白い。お好み焼きはどこの店、とかカツはどうやって食べる、とかね

  • 2011/09/04:コミックレンタルにて1~7巻まで読了。料理は味だけでなく状況などでも美味しさを感じるものなのだということを考えさせられました。
    にしても女性が全然色っぽくない…。

  • 刑務所の同部屋の囚人たちからおせち料理を一品もらうために、食べたくなるような話をする。微笑ましい。

  • 「きのう何食べた?」よりこっちの方が面白いなあ。「刑務所の中」を思い出させる、刑務所内うまいもん話バトル。詐欺師の話でばあちゃんは作り話とごまかしておいて実は本当だったっていうのグッときたなあ。こういう本能的な幸せにおぼれている人間の姿っていうのは業が深くて真実味があってよいものです。2巻まで読了。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

土山 しげる(つちやま しげる)
1950年2月20日 - 2018年5月24日
石川県金沢市出身の漫画家。拓殖大学中退、大阪芸術大学キャラクター造形学科客員教授。1973年、『ダラスの熱い日』でデビュー。しばらくは劇画誌にて原作付きで『極道ステーキ』などの裏社会マンガを手がけていた。
2007年、『喰いしん坊!』で第36回日本漫画家協会賞優秀賞。『野武士のグルメ』『荒野のグルメ』といった久住昌之氏原作のマンガは、広く人気を集めた。

土山しげるの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×