焔の眼(1) (アクションコミックス)

著者 :
  • 双葉社
3.61
  • (21)
  • (37)
  • (40)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 311
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784575840346

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 敗戦した日本の陰鬱としたドロドロした描写が続く。
    押切氏の作品は、観る人を選ぶ作品かと。
    胸糞悪くなる絶望だが、痛快すぎる希望がグイグイ作品に引き込まれてしまう。
    『ツバキ』でもそうだけど、押切さんの描く女の子の眼は力強い。

  • ゆうやみ特攻隊よりも更に無敵の暴力を楽しめる作品。
    第一話を読む感じクロは1951年には既にこの世にいないんだろうか。
    ショルゴールの最高司令官も見た目だけですでに非常にいいキャラしてるしこれからが楽しみすぎる。

  • 殺意のなんちゃら的なサムシングに目覚めた格闘家と可哀想な女の子の話。
    押切センセイにしては珍しくわかりやすいヒーローを出してきたなあ

  • 歪みきった暴力と、真っ直ぐすぎる暴力が同居してる漫画
    元々、濃い目の絵柄に加えて、流血表現がかなりエグいので、好き嫌いがハッキリ分かれそうではある
    しかし、読み終えてみて、胸がスカッとしているのも事実
    次巻、どれほどキツい内容になっているのか、怖いの半分楽しみ半分

著者プロフィール

1979年神奈川県川崎市出身。
1998年に週刊「ヤングマガジン」に掲載された『マサシ!! うしろだ!!』でデビュー。
その後紆余曲折あったが、ホラーギャグ『でろでろ』、化け物の類いが出てこないホラー漫画『ミスミソウ』、少年時代とゲームを題材にした『ピコピコ少年』、アクション巨編『ゆうやみ特攻隊』、自分の母親の半生を描いた『HaHa』とジャンルに縛られない作品を世に送り出し続けている。
月刊「ビッグガンガン」にて連載した『ハイスコアガール』は2018年にアニメ化もされた。

「2019年 『狭い世界のアイデンティティー(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押切蓮介の作品

ツイートする