BARレモン・ハート(27) (アクションコミックス)

著者 :
  • 双葉社
4.14
  • (4)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575840766

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  安定の一冊。8年前の発売で、スーパーメジャーになる前の「ヘンドリックス・ジン」「イチローズ・モルト」などを掲載している。

     ヘンドリックス・ジンの「将来の人気を予感させる」という予想は大当たり。

    「今や注目の的」と書かれていたイチローズ・モルトは、なかなか手に入らない酒となってしまった。去年、香港のオークションでトランプシリーズ54本セットが、1億円近い価格で落札されたのも話題になった。

     このコミックが出た頃にイチローズ・モルトを買っておけば、大儲けできたかも 笑

  • 逆に、こちらは今回はあまり記憶に残らない感じがした。

    呑みたいな〜というお酒がなかったせいか。

  • ヘンドリックスとかいう酒は飲んでみたくなった。
    BARと酒を中心とした余分な要素を配した大人のドラマ。

  • たしかに100キロ歩くくらいなら彼女がいなくても良いのかも・・・。

  • ずいぶん長く続いている、酒のうんちく漫画です。
    BARレモンハートのマスターと常連客が繰り広げる人間模様とうんちく話が魅力です。

    今回は、スペインのサンティアゴ巡礼にちなんだワインの話が良かったです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

古谷三敏

1936年(昭和11年)、中国東北(旧満州)奉天に生まれる。終戦とともに帰国。1952年、茨城・息栖中学校を卒業し、大阪の洋服屋に勤める。55年、単行本『みかんの花咲く丘』でデビュー。手塚治虫のアシスタントを経て、64年、フジオプロに入社。赤塚不二夫のアシスタントをしながら、少女誌に自分の作品を発表する。70年、少年誌に進出して『ダメおやじ』の連載を開始、理想の父親像を裏返したキャラクターを生み出し一躍脚光をあびる。75年、ファミリー企画を設立して独立。79年『ダメおやじ』により第24回小学館漫画賞を受賞する。主な作品に『マンダム親子』『手っちゃん』『寄席芸人伝』『BARレモン・ハート』『ぐうたらママ』などがある。

「2021年 『ワイド版 マンガ日本の古典30 浮世床』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古谷三敏の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×