ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス)

著者 :
  • 双葉社
3.58
  • (29)
  • (87)
  • (74)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 720
レビュー : 53
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575841701

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 男女の入れ替わりものではないところが、先行きを興味深く思わせる。落ち着く先が全く読めない。

  • 神格化された人間には、神格化した人間には想像もつかない苦悩がある。

    みんな人間で、過去を持っている。

    そう思った作品。

  • 縺ェ縺九↑縺九♀繧ゅ@繧阪>菴懷刀縺?縲
    荳サ莠コ蜈ャ縺ッ螟「驕顔羅閠?酔辟カ縺ォ逕溘″縺ヲ縺?k繧、繧ア縺ヲ縺ェ縺?、ァ蟄ヲ逕溘?
    縺昴?蠖シ縺梧Φ縺?r蟇?○繧九さ繝ウ繝薙ル縺ァ濶ッ縺丈シ壹≧螂ウ蟄宣ォ倡函縺ョ荳ュ縺ォ蜈・縺」縺ヲ縺励∪縺?′縲∝?縺ョ螂ウ蟄宣ォ倡函縺ッ荳?菴薙←縺薙↓繝サ繝サ繝サ縺」縺ヲ諢溘§縲
    荳サ莠コ蜈ャ縺ョ繝?繝。螟ァ蟄ヲ逕溘?螟ァ蟄ヲ逕滓エサ縺ョ謠丞?縲√?後b縺?ョ悟?縺ォ繧ー繝ォ繝シ繝励′蜃コ譚・荳翫′縺」縺ヲ荵励j驕?l縺滓─縲阪→縺?≧縺ョ縺後☆縺斐>繧上°繧九?
    蜒輔b縺昴≧縺?縺」縺溘°繧峨?縲
    豌励′蜷代>縺溘i邯壹″隱ュ繧ゅ≧縺九↑縲

  • おんもしれー笑

  • 男女の身体入れ替わりみたいなベタでエロスな話かと思っていたら、さにあらず。入れ替わったほうの人格はどこにいったかの謎が深まるサスペンス。

  • 作者のあとがきを読むとど本編も違って読める気がする。
    女の体で中身は自分(男)のままではなく、女性として〜を追求したくてこの作品になってると思うと...う〜ん。
    だったら私も男として読んでみたかったな。

  • 君の名はの元ネタの一つか?

  • 『惡の華』に続いて押見修造作品は2作目のレビューです。

    グロテスクの一言に尽きます。怖い。気持ち悪い。一刻も早く読み終わらせたくてひたすらページを早くめくりながら読みました。
    血塗れの臓器がドバーッみたいなスプラッターでも無く、また奇形のモンスターが登場する訳でも無い。なのに、グロい。キモい。何なんだろうね、これ。

    「男女入れ替えもの」かなと思えば、「何だよくあるネタじゃん」と食傷気味にすらなるところです。最近流行った『君の名は』なんか有名どころですわね。
    ただ、仮に「男女入れ替えもの」として見るとして、『ぼくは麻里のなか』は『君の名は』と全く正反対の作品です。
    『君の名は』
    ・入れ替わってもそこまでお互いの肉体をオモチャにしない
    ・連絡が取れる
    ・入れ替わっていることがバレないようにお互いに気遣いし合う
    ・だから結果としてお互いの人間関係を壊さず、むしろ良い方向に持っていける
    ・最終的に恋が実る方向でハッピーエンド
    に対して、
    『ぼくは麻里のなか』
    ・入れ替わった麻里でオナる
    ・お互いに連絡が取れないままNEETの大学生(♂)がJK社会に放り出される
    ・入れ替わったことがバレた上に周囲に迷惑を掛けまくる
    ・結果麻里の人間関係をぶち壊し、大半の友人を失う
    ・恋が実りそうにない、というか実ったとしても決して嬉しくない展開
    といった感じでしょうか。
    ただ、実際のところ単純な「男女入れ替えもの」でも無さそう。麻里と入れ替わったはずの小森がどうも麻里ではないという衝撃展開だからです。

    これからどうなっていくんでしょうかね。。。

  • 『ぼくは麻理のなか』
    フジテレビ/毎週月曜深夜放送
    2017年10月16日から

  • 「ぼくは麻理のなか 」
    フジテレビ 月曜24:25~
    放送開始日:2017年10月16日 
    キャスト:池田エライザ、吉沢亮、中村ゆりか、西田尚美
    http://www.fujitv.co.jp/bokumari/index.html
    Twitter https://twitter.com/bokumari_drama
    Youtube https://www.youtube.com/watch?v=oaUa3TDDjNk

全53件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

★漫画家。2002年、講談社ちばてつや賞ヤング部門の優秀新人賞を受賞。翌年、別冊ヤングマガジン掲載の『スーパーフライ』にてデビュー。同年より同誌に『アバンギャルド夢子』を連載した後、ヤンマガ本誌にて『デビルエクスタシー』などを連載。2008年より漫画アクションに連載した『漂流ネットカフェ』は、テレビドラマ化された。翌2009年より別冊少年マガジンにて『惡の華』を連載。

「2014年 『惡の華(11)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス)のその他の作品

押見修造の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする