ミスミソウ 完全版(上) (アクションコミックス)

著者 :
  • 双葉社
4.00
  • (57)
  • (63)
  • (32)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 615
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・マンガ (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575842074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 春日の復習の鬼と化した姿が残酷なことをしてるんだけどそれを感じさせなくて凄い読みやすかったですグロいことにはグロいんだけど…

  • 上・下まとめての感想

    ホラーだとは知らず。
    グロいとは知らず。
    まさかの展開に唖然。
    誰も、誰も幸せにならない。
    物語最初から「誰も」幸せな奴なんかいない。
    イジメのマンガじゃない。
    復讐の話じゃない。
    因果応報のストーリーじゃない。
    「愛」とも言えない。
    暴力と人間の本性が脳みそ直撃。

    《こんなの実際はありえないよー》っていう奴もいる。
    僕もそう思う。
    でも、《イジメられるよりイジメる方の親の方が親として安心》のようなセリフがあったけど、《登場人物でも書き手でもなくただの読者でよかったー》とはならないマンガ。

  • 「怒り」の表現が秀逸です。これを読んで勇気をもらったっていいじゃないですか。私もそんな一人です。そしてこのジャケが良い!

  • 上/下の感想として。詰め将棋で言えば煙詰めみたいな作品で、これを「現実の将棋じゃない」というのは野暮なんであって、ささいな感情のこじれがいきつくところまでいきついて、というドラマのひとつの究極なんじゃないかと思いました。

  • エグい。でも読むのをやめられない。設定も中学生がそこまでするかって感じであまりにもぶっ飛んでいるので、逆に現実的じゃない分流して読めた。とにかく人の顔が怖い…

  • 胸糞悪い……泣いちゃう……

  • 読み終わったあと胸糞悪い嫌な気分になる漫画。

    やられたら、やり返す。

  • グロい…後半からえげつなくグロくなる、いじめかたが卑劣でこれは復讐したくなる、殺し方も様々で残酷で悲しくもあった…ストーリー的にどうなるのか

  • 下巻にまとめる

  • 上下巻。

    壮絶なイジメな漫画ということで、読み始めたのですが…どちらかというとホラー寄りの救いのない、狂った復讐劇な感じです。

全47件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1979年神奈川県川崎市出身。
1998年に週刊「ヤングマガジン」に掲載された『マサシ!! うしろだ!!』でデビュー。
その後紆余曲折あったが、ホラーギャグ『でろでろ』、化け物の類いが出てこないホラー漫画『ミスミソウ』、少年時代とゲームを題材にした『ピコピコ少年』、アクション巨編『ゆうやみ特攻隊』、自分の母親の半生を描いた『HaHa』とジャンルに縛られない作品を世に送り出し続けている。
月刊「ビッグガンガン」にて連載した『ハイスコアガール』は2018年にアニメ化もされた。

「2019年 『狭い世界のアイデンティティー(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押切蓮介の作品

ツイートする