女子かう生(1) (アクションコミックス)

著者 :
  • 双葉社
3.82
  • (19)
  • (22)
  • (19)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 300
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575843880

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • セリフがない。
    全く。
    これは非常に斬新。

  • なんとなく一話目を立ち読みしたらほっこりしたので買ってみた。全部読んでもっとほっこりした

  • 全然セリフは出てこないんだけどほのぼのした。

  • 装丁:楠目智宏(arcoinc)

    無声漫画は、動物とか元々しゃべらない設定の
    物じゃないと、ダメだ~。
    この子が、言葉がしゃべれない子に見えて
    違和感を覚えてしまう。
    あと、女の子のふわふわした世界観なのに
    男の人向けのサービスエロが出ているのも、気持ち悪い。
    青年漫画の男子キャラ視線でのエロ絵はいいんだけど
    これはなんか盗撮系の気持ち悪さを感じてしまった。

  • 普通にセリフがあって良いと思わせる中途半端さ

  • 可愛くて自由な女子高生の日常。
    セリフほぼなし。

  • くそぅ…タイトルで惹かれて手に取っちゃう辺り、チョロ過ぎるぞ、私…!!

    しかし、幾らなんでもキャッチー過ぎる。このままホイホイ買っちゃったら単なる女子高生スキーじゃないか、と(違うのか?)クールなもう一人の私が自制を促す。そう、書店がおためし読本(2話収録の小冊子)を用意してくれてるじゃないか。これで冷静に品定めをだな…。

    そういうわけで買いました。

    どうしてこんなにも残念美少女に弱いのか、私…。

    何より絵が可愛いのです。少しリアル寄りのタッチで描かれたセミロングの主人公・もも子が確かに美人で魅力的。マスコット的なまゆみ(小さい。まゆげ)、クール眼鏡・しぶ美(思いの他脳筋)もそれぞれ特徴を生かして可愛く描かれています。ていうか、ぶっちゃけ全員可愛い。ちなみに上記のカッコ内は公式による人物評です。

    この3人(とモブ)が過ごす「あぁ、バカだなぁ…」とほのぼの眺めてしまう日常を描いているわけですが…いや、ホントに下らない事を楽しそうにやってるんですよね、彼女ら。「他にやる事あるだろ」と言われそうな…でも、それが楽しいと思うのはよーくわかる、という絶妙なゆるい日々。
    それをサイレント(セリフ無し。効果音・擬音はあり)でやる、というのがミソですね。
    表情と動きでセリフを予想しながら、それでいて楽しさを感じられるというのが、作品に引き込まれます。

    最初の数話はもも子だけの日常を描いているのですが、この辺は正直彼女の(残念な)エロ可愛さばかりが強調されており、面白いよりエロい、が先にきます。
    が、まゆみとしぶ美が出てきてからが絶妙な面白さ。ボケ、ツッコミ、巻き込まれ、が気持ちよく回り始めて楽しいのです。


    …いや、油断しまくりなもも子も凄く残念でエロくていいんですけどね…!


    そんなわけで、近日中に続巻を購入する予定(まんまと)。

  • 「坂本ですが?」と並んでいたので購入。
    「坂本ですが?」とは逆で、のほほんとしたマンガですが、時々ドジるのもまた面白かった。

  • こういうJKが実在すればいいのに…と思ってしまうよい癒し系漫画だった。

  • 女子高校生が主人公の日常を綴ったギャグマンガ。しかし、その構成はセリフが全くないコマ割りのタイミングと構図という『間』を駆使し、10ページにもわたるストーリーを<読ませる>なかなか高度な技術の積み重ねによるハイセンスな「サイレント漫画」。特に1カットごとの構図のセンスが素晴らしく、写真を獲るときの構図の勉強にもなります。ベタなゆるゆるの百合漫画と侮ることなかれ。 

全19件中 1 - 10件を表示

女子かう生(1) (アクションコミックス)のその他の作品

女子かう生(1) (漫画アクション) オンデマンド (ペーパーバック) 女子かう生(1) (漫画アクション) 若井ケン

若井ケンの作品

女子かう生(1) (アクションコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする