orange(5) (アクションコミックス(月刊アクション))

著者 :
  • 双葉社
3.77
  • (66)
  • (82)
  • (66)
  • (23)
  • (3)
本棚登録 : 915
レビュー : 78
  • Amazon.co.jp ・マンガ (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575847093

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ラストはむむ?という感じだけど、
    翔が生きてくれてうれしい。
    「翔のせいじゃない」っていうのが翔を傷つけていたんだね。だから須和君の「おまえのせいだよ」に救われたんだと思う。そこにいることを実感させたんだと思う。
    翔のために変わろうとした菜穂の姿もいい。

  • 一気に読了。
    続きが気になるストーリーだったから一気読みできてよかった。
    出てくる子達みんないい子なんだけど、なんだろう?君に届けとか青空エールみたいに感動はしなかったなー。

    手紙が来る前の翔が自殺しちゃったのは色んなことの積み重ねにより…って言うのはわかったけど、手紙が来てからは色々いい方向に進んでいたのにそれでも自殺しようとしちゃうのかーとなんとなくもやもや。
    まあ、ストーリーの盛り上がりのためにはしかたないんだろうけど。

    菜穂だけじゃなくて須和サイドとか他の四人の子達の視点からも見てみたいかも。
    特に須和くん。
    須和くん視点のが泣いちゃいそうだ


    巻末のマミチキの話のがなんかほんわかしたな。

  • 須和の献身的な犠牲によりパラレルワールドを一つ作った、という終わりのようで終わりの見えなかった話だったので、スカッとしない。読後感はいまいち。人の心なんて、自分にしか分からないのに、わかってもらおうと努力もしてないのに「お前には僕の気持ちなんてわかってない」と悲しんだり怒ったりするのには、イラッ。人が親身になれる範囲なんて限られているわけで、どこまで友人がべったり面倒見なきゃいけないんだと思った。
    須和の我慢の上に成り立っているので、私的にはバッドエンド。でもまあ、話としてはこういうオチしかなかったのかも。
    心の闇を抱える子をどう扱うかの、問題提起作品。

  • 菜穂の元へ未来から手紙が届く。未来を変えてほしいと。日記にそれぞれの日に起こること、どうしてほしいか書かれている。新たに転校してくる翔に心惹かれるが、翔は自殺するらしい。それを止めるため奔走するが、止めるには翔の心の中にある闇を救わなければならない。
    最終巻は自殺するXデイがやってくるが、心を閉ざす翔の心に届くように、必死にアクセスしようとする。心の闇(母の自殺の原因が自分であると攻めている)を解消できるわけではないが、必死な思いは届くか?
    人々の交流はゆるいものですが、誰かを救おうとか、強い思いを持って、大きく人の心に踏み込みあえる友人が思春期にいることは幸せだな~と感じました。

  • 少女マンガ特有のすれ違いだとかハッキリしない二人のもどかしさにモヤモヤしながらもラストが気になり最後まで飽きずに読めました。スッキリと終われてよかった、かな。パラレルパラレル

  • 後悔の物語。
    拭えない後悔から、10年前の自分たちに手紙をかく。
    最愛の人の自殺が、どれだけ心を蝕むのか、
    翔の死へと向かう心情が辛い。
    本当は人生を巻き戻すことなんてできないけれど、未来を知らされていたら、必死に生きられるのだろうか?
    自分を変える勇気がない限り、未来を変えることなんてできないんだろうと思う。
    未来を救うのは難しい、だから後悔の連続なのだ。

  • 最終巻。ここまで泣いて泣いて、最終巻は思ったよりあっさり?予想通り終わった感じ。
    物足りない感じもしたけど、でもハッピーエンドで良かったなと。
    最後までどう転ぶかハラハラした。
    たくさんのパラレルワールドがあって、その中で翔が幸せになる世界があって良かったと思う。
    タイトルの意味もようやく分かってスッキリした最終巻だった。

  • 号泣とまではいかないけれど、すごくじんわりきました。読めてよかった。

    ファンタジーだから、何で手紙が届いたのかって部分はわからないままでよかったと思う。
    そして、翔が死んでしまった未来、それでも菜穂と須和が幸せな家庭を築いた未来も無くならなくて私はすごく良かったと思いました、自分が通ってきた過去はやっぱり変えられないけれど悲しいことも嬉しいことも含めて今の菜穂があるし、横には須和がいて子供もいて。

    でもやっぱり、翔の変わらなかった死んでしまった世界の翔視点の部分は読んでいて辛かったし、変わらなかったらどうしようともはらはらしましたが、明日も楽しいことがあるのかなって言えるようになって本当に良かった。

    それにしても須和がかっこ良すぎる!それに尽きます私にとってこの漫画は!それと同時にこの世界の須和は菜穂と一緒になることはできないんだなと切なさでいっぱいです。それでも大好きな人と大好きな友達のためにって思える須和がかっこよすぎました。

  • 待ち遠しかった最終巻ですが、読んだ直後はなんだか消化しきれない思いがぐるぐるしてしまったので、今頃書いてる。

    私は須和くんが好きだ。
    簡単に言ってしまえば三角関係の報われないほうが好きなんだから仕方ないのだけど、須和くんが好きすぎて切ない。ほんと苦しい。
    この結末は分かるし、これはこれで良い話で泣けるけれども、別の未来だとしても切ない。

    翔を救いたいって話だからこうなることはわかった。菜穂が好きなのは翔だし分かってた。
    でも須和くんが好きなんだよーどの未来でも報われてほしい!

    ちょっと吐き出したことで少し落ち着いたのでもう受け入れられてるけどね。
    結局未来は変えられなかった...まではいかずとも、変わったかどうかは分からないくらいのラストでもよかったかなーなんて。
    なんか、須和くんとの未来が一番幸せであってほしいんだよ。ほんと。

  • 考えてみたらこれしか終わり方はなかったんだよな。

    やたらハギタくんが活躍したのでそこはよかったです。

全78件中 1 - 10件を表示

orange(5) (アクションコミックス(月刊アクション))のその他の作品

高野苺の作品

orange(5) (アクションコミックス(月刊アクション))を本棚に登録しているひと

ツイートする