私の少年(3) (アクションコミックス(月刊アクション))

著者 : 高野ひと深
  • 双葉社 (2017年7月12日発売)
4.15
  • (30)
  • (33)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
  • 388人登録
  • 29レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575850017

私の少年(3) (アクションコミックス(月刊アクション))の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • ましゅーくんいくつになっても美しいよ…

  • ヒロインと少年の関係は恋愛関係ではなく、親子のようなもののはず。
    それでも他人は他人だし互いに得体のしれない存在であるはず。
    だけど、疑いがないというか素直に向き合う二人の関係は心地の良いものである。
    舞台が東京だからなり得ないだけで田舎のご近所さんならばこの関係も成り立ってしまうのではないか?
    終盤で急展開を迎えたがさて、再開した二人の今後はどうなるのか。

  • 第3巻にしてついに少年の父親とエンカウント。その場は「サッカーの練習を見る」ということで丸く収まったものの、他の行動(外食など)がバレて、お姉さんは仙台に転勤させられてしまった。無理矢理引き裂かれたお姉さんと少年であったが、2年後に仙台で再会したところで以下、次巻。少年は中学生になっても可愛いままだし、この先どうなるのー!?早く続き出してくれー!!

  • 各巻で胸が痛くなります。

  • やっぱりこうなるよなぁ…切ない。
    ラストで中学生になった真修と再会。
    これが本当のドラマだぞ八島。

    そんな勝手に運命感じて盛り上がっちゃった八島の
    誕生日のサプライズは読んでてヒィィだった。
    1人取り残された八島と歌ってたオジさんのその後を想像すると気の毒だけどw

  • 最後の引きが強すぎる。
    次の巻も早く読みたい~~!

私の少年(3) (アクションコミックス(月刊アクション))のその他の作品

高野ひと深の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする