私の少年(4) (アクションコミックス(月刊アクション))

著者 :
  • 双葉社
4.19
  • (38)
  • (37)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 485
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・マンガ (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575850727

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ついに真修視点で話が進む!真修がフィクションのような儚い存在から人間になった感じがする!

    聡子じゃないけど、ほんと他人の子供の成長って早い。2年は大きい。真修ってもう、少年ではあるけど少年ではなくなる、あの境目の成長のただ中にいるよね。真修にとって聡子は変わらずに優しい人であり続けるのに、聡子にとっての2年は真修が自分とは違う時間軸の中で生きる少年だと気づかされるもので。
    真修は、あの日常から進み続けて、新たに聡子を連れ出そうとしている。

    あんま言いたくないけど恋っていいたい。

  • すみません…

    真修の中学生姿、最高です。
    本当に、本当にありがとうございます。

    それしかないです(笑)

  • 名指すことのできない関係性というのを一貫して描いており、こういう漫画は他にあまりぱっと出てこなかったりする
    今後への期待が高まる

  • 繊細だなぁ〜‼︎
    真修は相変わらず美少年。でもあからさまにモテてないのがリアルで良い。
    もう明らかに二人の心にあるのは恋心な気がするけど…どうなるのか。
    あとがきで作者さんが、話が真修目線になって「ようやく真修を人間してやれた」と書いていたことにじーんとした。今まで一種のファンタジーのようだった真修が、自分で動き出したんだなぁ。

  • 読了。なんかいい話だった。

  • あーあーあー
    もどかしーー!!
    それがいいーー!!!
    でも、早く会ってーー!!
    真修視線いいわーー!!!!

  • 成長速度と、切なさ。聡子サイドで読んじゃう。

高野ひと深の作品

ツイートする