ぼくとフリオと校庭で (アクションコミックス)

著者 :
  • 双葉社
3.76
  • (28)
  • (20)
  • (52)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 208
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575932607

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 諸星大二郎氏の作品『ぼくとフリオと校庭で(1991)』を読了。諸星大二郎氏の作品・・・どの作品から読んでみようかなって・・・ この作品に!!  やっと読めて感激。 どの話も完成度が凄い。 一番怖かったのは・・・”蒼い群れ” 、 ”影の街”  、 ”鎮守の森” です!!! また、諸星大二郎氏の他の作品を読める機会があったら是非読んでいきたい。 傑作。

  • 短編集。
    「沼の子供」の男と女が美しく、かつ、神秘、優雅、怪奇、不気味。


    ハッピーエンドにもバッドエンドにもならない。もしこれらを筋書きにまとめてしまったら意味が不明なのだが、彼の絵と、文字と、そこに流れる時間に吸い込まれる。諸星ワールドに連れ込まれたが最後、偶然通りがかった誰かに発見されなければ帰ってこれない。いや、帰ってきてもまた足を踏み入れてしまう。


    ホラーはホラーでも、日常の遊びの延長に浮かんでるような感じ。

  • 確か初めて買った諸星 大二郎先生の本だったと思います。

    こちらの短編集は、諸星 大二郎先生の世界がバランスよく詰まっていて好きです。
    特に最後の「影の街」が好きですね。
    読み終わった後のなんともいえない感覚がたまりません。



  • エヴァ
    の一部
    として
    読んだ

  • 個人的には『沼の子供』の不気味な感じが良い。
     宇宙船のデザインは、ロシヤのそれを参考にしてゐるんださうで、さう言へば支那のロケットもさうでした。絵入り案は、何だかなぁです。
     ほか、良いのであった。

  • 2017/10/12購入
    2018/4/18読了

  • 民俗学好きにはたまらない『鎮守の森』、センチメンタルな友情の話でもある『ぼくとフリオと校庭で』、イノセントの怖さが描かれている『沼の子供』、横溝正史好きにはたまらない『黒石島殺人事件』、自分が常用している薬もこういう怖さから生まれてるのか…と思えてくる『蒼い群れ』…一冊で何粒も美味しい感じの短編集。

  • 久しぶりに読んだけどやっぱすごいわ諸星大二郎。アイデアとプロットの勝利ですかね。一度読んだら忘れられないマンガ。引っ越す時もこの人のマンガだけは捨てないで持ち歩こ。

  • 救いのないオチがまさにホラー。
    鬼ごっこの話や臓器の話が印象的。

  • 出版社/著者からの内容紹介
    諸星大二郎が作り出す、抜け出せない不思議世界の迷路。入り口は、本書収録の10作品の扉から

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。『西遊妖猿伝』『妖怪ハンター』『栞と紙魚子』『マッドメン』『諸怪志異』『暗黒神話』『孔子暗黒伝』など、数多の作品で唯一無二の世界観を確立。2014年、第64回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

「2019年 『漫画家と猫 Vol.1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ぼくとフリオと校庭で (アクションコミックス)のその他の作品

諸星大二郎の作品

ツイートする