ゑひもせす―杉浦日向子作品集 (アクションコミックス)

著者 :
  • 双葉社
4.06
  • (15)
  • (5)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575939873

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絢爛豪華で美しい装丁に、杉浦日向子さんはじめ、本作りにたずさわった人々の思い入れが凝縮されている。
    ゑひもせす
    袖もぎ様
    ぼうずのざんげ
    もず
    通言室乃梅

    ヤ・ク・ソ・ク
    駆け抜ける
    花景色狐巷談
    日々悠々
    吉良供養
    の10篇を収録。これらの作品を20代に発表していたとは…。改めて、そのあふれるばかりの才能に魅了された。日向子さんの晩年を知る新潮社の福田由実氏の「眠らない姫君」、『ゑひもせす』を最初に刊行した双葉社の小倉美千子氏による「初版の忘れがたいエピソード」の2本のエッセイに加え、巻末には「杉浦日向子 著作リスト」も添えられている。追悼の意の込められた本書を手にして、本当にモウ日向子さんがいなくなってしまったのだと思い、今頃になって涙がこぼれた。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「本当にモウ日向子さんが」
      お江戸の人が話したくなって呼んだのかなぁ、、、
      「本当にモウ日向子さんが」
      お江戸の人が話したくなって呼んだのかなぁ、、、
      2013/02/15
  • たまにマイ江戸ブームがくるので、その時必ず読んでる。

  • 江戸が舞台の短篇集。装丁も美しい。

  • 出版社 / 著者からの内容紹介
    杉浦日向子 伝説の初期コミック作品集●思うに自分は、昔の私事、つまり<江戸時代人>が好きなんです。●きらめく才能の筆先を、ひたすら「江戸」へ向けて放った閨秀・杉浦日向子の初期作品集十話。

  • 新訂版がでたので、手に入りやすくなりました。

  • 短編集。「吉良供養」タメになりました。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1958年、東京生まれ。漫画家、江戸風俗研究家、エッセイスト。おもな著作に『江戸へようこそ』『百日紅』『YASUJI東京』『花のお江戸の若旦那』など。2005年没。

「2019年 『はればれ、お寿司 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉浦日向子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 百けん
杉浦日向子
黒田 硫黄
吾妻 ひでお
五十嵐 大介
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×