〆のグルメ (アクションコミックス)

著者 :
  • 双葉社
3.83
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575944891

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『野武士のグルメ』『ブシメシ!』等、土山しげるのグルメ漫画は読んでいてどれも面白かったので、レンタルでこの作品を見たときもすぐに手に取りました。

    「〆」をテーマにしているだけあって、飲みの帰りや仕事終わりに最後に食べるご飯だけかなと思っておりました。確かに「○○の終わり」という点ではそういう話も多く収録されておりますが、「仕事中の〆」「ファミレスで〆」等、ちょいちょい意表を突くものもありますね。
    いぶりがっことのりたまご飯、最後は昆布茶をかけてお茶漬けで〆る「二度美味しい〆」は、ちょっとやって見たいなと思いました。

    ただ如何せん、主人公の篠原香にそこまで惹かれなかったというのがあって、個人的に評価☆3。

  • イマイチ

  • 土山しげる『〆のグルメ』双葉社。

    土山しげるのグルメ漫画は意表を突いたテーマが多い。本作は飲んだ後や、仕事の後の〆に食べる食がテーマ。

    主人公は三ッ葉社文芸編集部に勤務する38歳の篠原香。担当する作家たちとの付き合いや、遅れがちの入稿に徹夜仕事も厭わず。飲んだ後、仕事の後にひたすら食に没頭する姿が豪快に描かれる。つられて食べると太りそう。

    久住昌之・原作の『荒野のグルメ』がしっとりしたオトナのグルメ漫画なら、こちらはストレートな食に徹したグルメ漫画だろう。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

土山 しげる(つちやま しげる)
1950年2月20日 - 2018年5月24日
石川県金沢市出身の漫画家。拓殖大学中退、大阪芸術大学キャラクター造形学科客員教授。1973年、『ダラスの熱い日』でデビュー。しばらくは劇画誌にて原作付きで『極道ステーキ』などの裏社会マンガを手がけていた。
2007年、『喰いしん坊!』で第36回日本漫画家協会賞優秀賞。『野武士のグルメ』『荒野のグルメ』といった久住昌之氏原作のマンガは、広く人気を集めた。

〆のグルメ (アクションコミックス)のその他の作品

土山しげるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする