その腕のなかで (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

  • 二見書房
3.22
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784576061665

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ストーカーに狙われるリズとボディガードのジョシュア。ストーカーはショボいし、イチャイチャラブラブシーンばかりでサスペンス部分は薄め。
    お料理上手で山奥の自宅にジャングル風呂を持つジョシュア君に萌え(//∇//)しかも温泉って!最初はストーカー問題が解消されるまでの束の間の関係と割り切ったふうの二人だけど、ジョシュアは最初からというか、その前からリズにメロメロだったんよ。で、リズのお手並みにあんぐり( ̄O ̄;)筋肉痛はジャングル温泉で癒しましょう。
    ツッコミどころ満載だったけど、結構楽しめた自分がいる。

  • ボディーガード三部作の一部。実はこれ、再読だったみたい。ずーっと前に読んでその時も気に入ったけどなぜか売ってしまって、この本とは気づかないまま再入手して読破。ストーカーに狙われたヒロインを傭兵のヒーローが仲間と共に救うお話。みんなに迷惑をかけないように一人で解決しようと頑張るヒロインにも好感が持てるし、彼女を守りつつ少しずつヒロインへの思いを深めていくヒーローも◎。もちろん熱いシーンも◎(笑)出てくる仲間のホットワイヤーがかなりのツボだったのでこれはぜひ三部作を読まねば!

  • 傭兵ヒーローと作家ヒロイン。
    ヒロインがストーカーに狙われてるのをヒーローがボディーガードになる話。
    ヒロインの兄と奥さんのロマンスはあるのかな?こっちの二人の方が好みかもw

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    新進の女流作家リズは、半年以上も“ネメシス”と名乗るストーカーに付け狙われていた。家族に被害が及ぶことを恐れ、単身シアトルに引っ越して孤独な戦いを続ける彼女の前に、一人のたくましい男性が現われた。遠縁にあたる傭兵のジョシュア。事情を知り、彼はリズの専属ボディーガードを買って出た。しかし二人は共に若く、共に離婚歴をもち、愛に飢えて生きてきた者同士。危険な状況のなかでいつしか燃え盛るように激しく、お互いを求め合うようになってゆく…。

    ストーカーって最終的に危害を加えてしまうのね。
    愛されてつけられてしつこくされて、それが怖いというのとはまた別なのだ他と改めて。
    お互い否定しながらも引かれていくジョシュアとリズ。
    女性のほうが悟るの早いんだわね、いつも。

    ニトロとホットワイヤーの物語はもうすでに読んでいるのでちょっとニヤニヤ。そっか要塞ね、必要だわね。
    ジョシュア=ウルフね、とか逆読みならでわの楽しみもありました。

    要塞の温泉、入ってみたいなぁ。

    Ready by Lucy Monroe

  • 庸兵のジョシュアのエキスパートぶり、そして要塞が夢のようで〜逃避したくなりました(笑)。

    かなりHOT痺れる作品!

全7件中 1 - 7件を表示

ルーシー・モンローの作品

ツイートする