旅路 (二見文庫 コ 5-8 ザ・ミステリ・コレクション)

制作 : 林 啓恵 
  • 二見書房
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784576080376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • FBI捜査官 × 容疑者
    読み進める内に親しみの湧く登場人物。ヒーローがサックスを吹いたり、変なこと言い出したり、目が離せない。

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    サリーは父親殺しの疑惑から逃れるために伯母を頼って、またFBIのクインランは私立探偵と偽ってサリーを確保するために、コーブにやってきた。この小さな田舎町は美しく整然としていて、老人だけの町だった。二人が到着してまもなく、2件の殺人事件が起きる。FBIの同僚サビッチらの協力を得て捜査を進めるうちに、サリーとクインランは愛しあうようになる。しかし、さらに大きな事件が彼らの前途に…全米ベストセラーのFBIシリーズ待望の第1弾。

    出版順で読んでいたので、おお!クライン!とかおもってしまった!
    あのサックス奏者がヒーロー。
    でもこの最後って、ねぇ。裁判の結果を知りたいタイプの犯罪でした。
    そしてなにより精神病院を使うってよくある手なのね。

    The Cove by Catherine Coulter

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

キャサリン・コールター  Catherine Coulter
1978年に作家としてデビュー。以来本格的な長編ヒストリカル・ロマンスを次々に発表し、人気作家となる。
『旅路』(二見文庫)から開始されたFBIシリーズは、新刊が出版されるたびにニューヨーク・タイムズのベストセラーリスト上位にランキングされている。
現在は二匹の愛猫とともにカリフォルニアに在住。

「2019年 『誘発』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キャサリン・コールターの作品

ツイートする